The BBBキャストパーティー

今週に入って予想外のことが舞い込み更新予定が遅れましたが、この前の日曜日に清涼院流水さんが編集長を務めるThe BBBのCast Party(通称キャスパ)が開かれ参加してきました。第2回となるこのキャスパはThe BBBのキャストと一般読者が交流できる空間であり、読者からのダイレクトな意見が聞けるとても貴重な場であります。
bbb.jpg
The BBBが立ち上がってから2年が経ちますが、パンフレットにはこれまでThe BBBで扱ってきた作品リストが並んでいて圧巻でした。流水さんからこれまでの軌跡を数値データで紹介していただきました。海外からの状況を見るとほぼ全てに近い国からはアクセスがある状況で、閲覧数と購買数は必ずしも比例する訳ではなく、そこはお国柄が出て歴史や政治が絡んだディープな話となり非常に面白かったです。また、「わび、さび」に続いて、「萌え」も日本文化のひとつになりつつあることも、ここ数年で海外からの日本の見方もだいぶ変化してきてると思わされました。

そして、翻訳作業の進め方や時間など貴重な話を聞け、翻訳者によってその訳され方でスタンダードになることも知りました。例えば、「シャーロック・ホームズ」の"ホームズ"は正確には"ホルムズ"に近い音で発音されますが、"ホームズ"の方が馴染みやすいし、"ワトソン君"と呼び方はもう一般的になっています。ちなみに友人は名前で呼ぶことが基本の欧米で、 二人は同居するほど親密な友人であるにもかかわらず、 "ホームズ"、"ワトソン"と名字で呼んでいるのは同性愛者と思われないようにと作者コナン・ドイルの意図によるものという説があるそうです。

そして、懇親会ではThe BBBキャストのミステリー作家さんや一般読者の方々から貴重なお話が聞けて濃密な時間となりました。ミステリーは専門外ですが、小さい頃は江戸川乱歩の「少年探偵団」を夢中で読んだり、高校の頃はアガサ・クリスティにはまっていました。その後は有名で気になった作品は読んできましたが、最近はミステリーから遠ざかっているので久しぶりにはまりたくなりました。(Part7にも効果があるかも)

最後に、今回キャスパが開かれたCafe LiveWireさんがまたいい雰囲気で料理がめちゃくちゃ美味しかったです。ランチメニューも気になります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR