第195回公開テスト受験記

会場は目白大学で電車で行くつもりでしたが、外が穏やかな秋空で気持ちよかったので自転車で行きました。会場までは時間的な余裕もあったので近くの哲学堂に寄りました。
哲学堂とは東洋大学の創設者である哲学者の井上円了氏が独特の哲学思想をもとにつくった社会教育のための公園で、幽霊の木彫りがある妖怪門、宇宙館など一風変わった建物が建っています。ベンチでリスニングを聞いていつもよりリラックスして会場に到着出来ました。



会場は30人程の小教室で席は一番前でした。フォームはメジャー。この広さの教室でスピーカーだったので音声は問題なし。
Part1 特に難しく感じた問題はありませんでした。
Part2 音声も意味もはっきり理解出来ているのに、答えに迷う問題が数問ありました。
Part3・4 先読みが大きく崩れることはありませんでしたが、イメージ出来ない問題が数セットありました。

Part5・6 あまり焦らないように解いて、14:05にPart7へ。
Part7 素直にSPから解き始めました。順調に解答出来ていましたが、中盤から読み込ませる問題が増えきたので出題者の意図を汲み取ることを心掛けながら進めました。SPの最後のセットを飛ばしてDPへ。DP3セット目が終わって13分程余っていましたが、最後のパーキングの問題が難しかったです。じっくり読みたいところでしたが、残り5分でSPの最後のセットへ。時間ないにギリギリ解答出来ましたが、最後の方は確実な根拠が分からずマークしたのでちょっと悔いがあります。
前回のテストよりは意味も取りやすく時間もありましたが、まだまだ読解力不足を感じたので次の公開(1月)に向けて対策します。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR