FC2ブログ

巻機山 episode-4/4 ~Japanese 100 Great Mountains~

ケルンから御機屋に戻り、反対方向には割引岳という山があります。ここへ行くには雪がまだ多くて、アイゼンが無ければ危険という情報も聞いていたのですが、雪の状態や斜面を見る限り、慎重に進めば問題なさそうです。だいぶ足も疲れていましたが、ここまで来たら行かないわけにはいきません。

W1440Q70_LRM_EXPORT_20180714_044753.jpg アイゼンはないので慎重に進みます。

W1440Q70_W1440Q70_LRM_EXPORT_20180605_235954.jpg 

途中で割引岳の全容が見れますが、険しく尖がっていて巻機山とは異なる山容で、高度感もあり見晴らしも良かったです。

W1440Q70_LRM_EXPORT_20180714_044939.jpg
割引岳はいかにも「山」という山容で、
 
W1440Q70_20180602_101613.jpg 
最後の登りはなかなか急でした。

W1440Q70_P6021469.jpg
割引岳頂上。

W1440Q70_LRM_EXPORT_20180714_044634.jpg
眼下に広がる町と田園風景。
 W1440Q70_P6021483.jpg 
割引岳からの眺望を十分に楽しみ、再び御機屋に戻ります。
早朝から登り始めたので、お昼前には下山を始めました。

W1440Q70_LRM_EXPORT_20180714_044445.jpg 
登るときに写真を撮った織姫ノ池で再び写真を撮りました。

W1440Q70_P6021492.jpg 
W1440Q70_LRM_EXPORT_20180714_044541.jpg 登りとは違って池塘に雲が映り、また違う絵になり天空の楽園といった感じでした。

その後は単調な道をひたすら下っていきます。他の登山者と抜きつ、抜かれつを繰り返して本当に長く感じる下山でした。
W1440Q70_P6021521.jpg

W1440Q70_20180602_122601.jpg W1440Q70_20180602_122219.jpg
木漏れ日の中、気持ちよく下山します。

W1440Q70_20180602_133538.jpg
ここは駐車場手前に登山靴の洗い場があったので、助かります。

その後、駐車場で案内があった温泉に行くつもりでしたが、他の登山者も来て混雑すると思ったので、ガイドブックに載っていた他の温泉に向かいました。

W1440Q70_20180602_131630.jpg 

W1440Q70_20180602_140455.jpg
今回利用した温泉、「金城の里」
 
すると、ほぼ同じペースで下山していた男性も来て、同じタイミングで温泉に入りました。
その男性は茨城県から来て、自分と同じように前日の夜に高速のSAで車中泊をしていたそうで、湯船につかりながら、しばらく山談義で盛り上がりました。 

もうすぐ関東地方も梅雨入りするので、今日のような快晴の登山は梅雨明けまで出来そうにありませんが、しばらくは今回の山行の余韻に浸れそうです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

穂高

Author:穂高
百名山登頂とTOEICスコア900を目指しています

The BBB(facebook版)で「Japanese 100 Great Mountains」連載中
※毎週木曜更新

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる