FC2ブログ

日光白根山 episode-4/5 ~Japanese 100 Great Mountain

しばらく進むと、雪の斜面をトラバースする必要が出てきました。
トラバースとは山の斜面を横断することで、滑落の危険があるので十分に注意する必要があります。

W1440Q70_20180428_130916.jpg 
登りのときのような傾斜の雪道で、再び恐怖を感じる程でした。雪にはトレースが付いていたものの、滑落したら先の見えない谷底へ一直線で、慎重に一歩一歩、靴のエッジを効かせて進みます。バランスを崩すのが怖くて後ろを振り返ることも困難でした。

W1440Q70_20180428_131242.jpg
写真では伝わりにくいですが、少しでもバランスを崩すと下まで一気に行きそうな傾斜でした

W1440Q70_20180428_131937.jpg 
W1440Q70_20180428_132126.jpg
トラバースし終わって、岩の斜面に辿り着いて一安心

どうにか無事に渡り切り、その後は樹林帯になると雪が深くて、踏み抜きに苦戦しながらも順調に高度を下げていきました。

W1440Q70_20180428_133207.jpg
下に見える五色沼もだいぶ近くなりました

W1440Q70_20180428_134115.jpg 

雪の上には登山靴の跡がずっと続いていますが、ところどころで滑り跡が突いていることがありました。これは雪山を降りる方法の一つで“シリセード”と呼ばれるもので、脚を前に出して踵でスピードをコントロールしながら、お尻で滑り降りる方法です。

程よい角度があれば一気に楽に下山できます。ちなみに立ったまま足を使って滑る方法は“グリセード”と呼ばれます。

早速、シリセードを試してみましたが、ソリで滑っている感覚で楽しみながら一気に降りられ、時間も短縮出来て、五色沼に到着しました。

W1440Q70_20180428_135204.jpg
踵でスピードやコースを調節しながら滑り落ちます
 
W1440Q70_20180428_135632.jpg
短時間で脚を痛めることもなく、一気に下山できました
 
この五色沼は夏は水色の綺麗な色ですが、この時期は水面が凍っていて、周囲の雪とマッチして迫力ある景色で、スマートフォンで撮影しました。

W1440Q70_P4281152.jpg
凍った水面と雪原のような風景に息を呑みました!

これは、一眼レフカメラでも収めておきたいと思い、サイドバッグから取り出そうとしたところ、バッグの中は空っぽでした。Σ(゚Д゚)



episode-5/5へつづく



The BBBのFacebookサイトで毎週木曜更新(英語版)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる