FC2ブログ

霧ヶ峰 episode-1/4 ~Japanese 100 Great Mountains~

雪の谷川岳に登りたくて、 数日前から天気予報を気にかけていました。3月下旬に雨が続きましたが、ようやく晴れそうな日が来たので、そこに合わせて向かうことにしました。

当日も天気予報で谷川岳のある群馬県は朝から晴れの予報でしたが、山専用の天気予報サイトでは谷川岳が悪天候になっていました。しかし、山の天気は変わりやすく、晴れるのを期待して、とりあえず向かうことに。
W1440Q70_20180323_074253.jpg
高速のSAからは西の空がよく晴れてます。

W1440Q70_20180323_080520.jpg
天候に恵まれることが少ない谷川岳へ向かいます。

W1440Q70_20180323_081732.jpg天気は持ち応えている感じですが、
 
Screenshot_20180323-042842_2.jpg 
谷川岳の登山指数は3段階の最も低い「C」

谷川岳への一般的なルートはロープウェイで天神平まで行き、そこから2時間半程で山頂へ辿り着けます。

車での移動中は天気も良かったのですが、ロープウェイ乗り場へ着くと雪が舞い、ロープウェイの先は真っ白で何も見えない状態でした。

W1440Q70_P3230856.jpg
ロープウェイの先の天神平は真っ白。

012-1.jpg
外に出てもこの雪では写真も撮れなそうで、しばらく待って断念することに。

天気予報を見ても午後まで回復する気配はなく、今日の登山は諦めようと思い、戻る車内で行動食で買ったチョコレートをつまんでいました。

しかし、東京方面に向かうと綺麗な青空が広がっているので、やはり山に登りたくなってきました。 再び天気を調べると、八ヶ岳方面は天気も安定しているようで、最も短時間で登れる百名山と言われる霧ヶ峰 なら今からでも間に合いそうでした。そこで、急遽、群馬県から長野県へ移動することにしました。

W1440Q70_20180323_092613.jpg
戻っているとこんな登山日和なので、長野県へ!
 
W1440Q70_20180323_105855.jpg 
こんな所を通り、3時間近く掛けて大移動。

向かう途中はずっと快晴で谷川岳の天気が不思議に思える程でした。
霧ヶ峰の登山口へ向かうビーナスラインでも青空が晴れ渡り、途中にある展望台で写真を撮りながら標高1800mの車山肩という駐車場までやってきました。

W1440Q70_P3230864.jpg 
W1440Q70_P3230860.jpg
展望台からは絶景が。
 
W1440Q70_20180323_113609.jpg
ビーナスラインを走って登山口へ。

W1440Q70_20180323_115512.jpg
駐車場には数台停まっていました。
 
W1440Q70_20180323_115453.jpg
霧ヶ峰の登山口の車山肩。深くはないですが、雪はまだまだ残っていました。
 

episode-2/4へつづく



The BBBのFacebookサイトで毎週木曜更新(英語版)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

穂高

Author:穂高
百名山登頂とTOEICスコア900を目指しています

The BBB(facebook版)で「Japanese 100 Great Mountains」連載中
※毎週木曜更新

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる