FC2ブログ

大菩薩嶺 episode-4/4 ~Japanese 100 Great Mountains~

W1440Q70_20180218_113102.jpg
大菩薩峠からは緩やかな下り道を歩いて下山します。

上日川峠まで下山すると雪もかなり積もっていて、確かに車でここまでは来られそうもありませんでした。ここから、さらに1時間程歩いて車を停めている丸川峠の登山口に向かいます。

W1440Q70_20180218_113614.jpg
左上の丸川峠から時計回りに歩いてきました。

W1440Q70_20180218_115427.jpg
ロッヂ長兵衛も冬期は休業してました。
 W1440Q70_20180218_115515.jpg 
もうアイゼンをつける必要もないと思って敢えてつけませんでしたが、ここの登山道はまだ雪が残っていて路面も凍結していたので、何回か転んでしまいました。

W1440Q70_20180218_120434.jpg W1440Q70_20180218_123325.jpg 
落ち葉の下が凍結しているのが分からず、綺麗に転びました(^^;

W1440Q70_20180218_125434.jpg
長兵衛小屋から現在地まで辿り着きました。

無事に下山した後は、お腹も空いていたので山梨県名物のほうとうを食べるつもりでいました。ほうとうは太くて長い麺をかぼちゃなどの野菜や肉と共に味噌仕立ての味で煮込んだ郷土料理です。有名なほうとうの専門店に行こうとして調べると、車で30分以上かかりそうです。

とりあえず向かっているとタイミングよく大菩薩峠の登山口になっているバス停の横に「ほうとう」と書かれたお店がありました。すぐに食べたかったので、中に入ると気さくな女主人が快く出迎えてくれました。中は下山してきたばかりの登山者も数人いて、客同士で山の話で盛り上がり、アットホームな雰囲気で居心地が良かったです。

W1440Q70_20180218_131916.jpg 
ほうとうはよく煮込んだ野菜がたっぷり入っていて、味噌味とよく合い、あっという間に完食して、冷えた体もあったまりました。

011-4.jpg 
その後、車で数分のところにある「大菩薩の湯」という温泉 に向かいました。この温泉は世界的にも珍しい最高級の高アルカリ性温泉で、お湯は肌に馴染む感じでヌルヌルして、疲れも取れた感じがしました。

W1440Q70_20180218_140038.jpg 
下山後のご当地名物と温泉は最高の組み合わせなので、これからも各地で楽しんできたいと思います。


大菩薩峠シリーズ完(次回は霧ヶ峰)



The BBBのFacebookサイトで毎週木曜更新(英語版)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

穂高

Author:穂高
百名山登頂とTOEICスコア900を目指しています

The BBB(facebook版)で「Japanese 100 Great Mountains」連載中
※毎週木曜更新

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる