両神山 episode-3/4 ~Japanese 100 Great Mountains~3

両神山は山岳信仰の霊峰であり、三峰山、武甲山とあわせて「秩父三山」と呼ばれています。両神山の名前の由来はいくつかあります。イザナギ、イザナミの2神を祀っているから両神山と言う説、日本武尊が東征をした際にこの山を八日間見ながら通過していったので八日見山 と名づけられた説、「龍神を祭る山」が転じて両神山となったという説などと諸説あります。

昔から信仰の対象の山であり、表登山道とされる日向大谷からの登山道には、今でも石碑や石仏が多く見られます。特に江戸時代には関東の霊山と言われ、山岳修験の場所として、行者の往来も多かったようです。かつては女人禁制の山であり、初めて女性が登ったのは20世紀に入ってからです。

W1440Q70_20180107_081001.jpg

W1440Q70_20180107_093900.jpg 

W1440Q70_20180107_094919.jpg 

W1440Q70_20180107_101412.jpg

両神山の御眷属は、古くから山犬とされ、その正体 はニホンオオカミだと言われています。通常の狛犬の位置にはオオカミの石像が置かれていて、オオカミを神の使いとする 三峰神社の影響が窺われます。

日向大谷の登山口から登り始めて、2時間半程で標高1630m地点にある両神神社の本社が見えてきます。鳥居の手前にはユーモラスな顔をしたオオカミが向かい合っています。この場所にあるのは本社で、標高1723mの両神山山頂にあるのが奥社となります。

W1440Q70_20180107_110729.jpg 

W1440Q70_20180107_110822.jpg W1440Q70_20180107_110829.jpg

 W1440Q70_20180107_110853.jpg 

W1440Q70_20180107_111321.jpg 

W1440Q70_20180107_113815.jpg標高1723mの両神山山頂にある奥社

episode-4/4へつづく



The BBBのFacebookサイトで毎週木曜更新(英語版)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

穂高

Author:穂高
百名山登頂とTOEICスコア900を目指しています

The BBB(facebook版)で「Japanese 100 Great Mountains」連載中
※毎週木曜更新

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる