常念岳 episode-1/7 ~Japanese 100 Great Mountains~

関東近辺や南アルプスを登山するときはマイカーで行くことが多いですが、北アルプスへ行くには高速バスを利用することもあります。

公共交通機関を利用して行くと、移動中は自由に過ごせるということだけでなく、登山口を気にせず山から山へ縦走が出来るメリットがあります。つまり登りの登山口とは別の登山口に降りられるので、行程も広がるわけです。

今回は北アルプスの中でも、入門コースとも言われる常念岳へ行ってきました。登山口となる中房温泉から燕岳-大天井岳-常念岳-蝶ヶ岳-上高地までを縦走し、その素晴らしい景観からアルプスパノラマ銀座と呼ばれる人気のルートです。

というわけで、かなりボリュームが多くなってしまいましたが、常念岳シリーズです!


バスタ新宿から約4時間近くかけて、長野県の安曇野穂高へ向かいました。このバスタ新宿は2016年に完成し、1日1600本近くのバスが発着するという巨大バスターミナルです。
今回、初めて利用しましたが、これまでの乗り場を考えるとアクセスも施設も非常に快適でした。
W1440Q70_20170912_141549.jpg
以前は都庁から乗っていましたが、新宿駅南口に出来て、JR駅からも直結していてありがたい。
 
W1440Q70_20170912_141416.jpg 

008-1.jpg
チケット売り場、バス乗り場である4Fへ。

当初は夜行バスで早朝に着いて、すぐに登る計画していましたが満席だった為、15:05発の便に変更して、ホテルに泊まりゆっくりと夜を過ごすことにしました。
W1440Q70_20170912_145528.jpg

バスの席は空席も多くて、リラックスして過ごせました。前日まで全国的に天候不良でしたが、明日からは回復しそうで、バスから見る空も晴れ渡っています。

W1440Q70_20170912_172231718.jpg

移動中は山の地図を見てルートや行程時間を検討したり、読書をして過ごしました。

今回の山行は地図でいうとこんな感じです。

W1420Q70_map_jonen.jpg
スタートの中房温泉からゴールの上高地まで、北アルプスを縦走します。4つの山の頂に登って、大天井岳と蝶ヶ岳の山小屋に泊まる予定です。

途中にサービスエリアで2回休憩して、19時頃に安曇野穂高に到着。
W1440Q70_20170912_185703.jpg バスを降りると穂高神社の鳥居が。少し入ってみましたがさすがに暗いので、明日また来てみましょう。

W1440Q70_20170912_190412.jpg
駅の様子も見に。

そして、初めての街を散策しながらホテルに向かいました。
W1440Q70_20170912_192255.jpg 
駅から10分ぐらい歩きますが、静かで綺麗なホテルです。

一度チェックインして、再び外に繰り出します。せっかく知らない街に来たので、地元で食べたい。駅前はあまりお店はなくてだいぶ限られていましたが、美味しそうなお店がありました。

W1440Q70_20170912_202720.jpg 

W1440Q70_20170912_204023578.jpg
お薦めを聞いて頼んだローストビーフとパクチーのサラダ。

平日の夜ということもあって、お店の客も数人で静かな時間を過ごしました。



episode-2/7へつづく



The BBBのFacebookサイトで毎週木曜更新(英語版)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

穂高

Author:穂高
百名山登頂とTOEICスコア900を目指しています

The BBB(facebook版)で「Japanese 100 Great Mountains」連載中
※毎週木曜更新

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる