FC2ブログ

会津駒ヶ岳 episode-4/4 ~Japanese 100 Great Mountains~

W1440Q70_20170720_115934.jpg 
お昼過ぎには下山して、まずやることは温泉を探すことです。 
駐車場は登山口より下の方まで停められていて、だいぶ増えていました。

W1440Q70_20170720_122058.jpg 
登山口の道路から一般道に出るところに看板があります。

W1440Q70_20170720_122118.jpg登山口近くにはいくつか温泉があるので、下山後の入浴に困ることはありません。

W1440Q70_20170720_125807.jpg 
車で数分の「燧の湯」は解放感がある露天風呂もあって、そこで汗を流しました。

W1080Q70_20170720_124853381.jpg
露天風呂は森林を見ながらくつろげました。


だいぶお腹も空いてきたので食事を取ることにしましたが、ここ檜枝岐村(ひのえまたむら)でぜひとも食べたい料理がありました。それは、山人(やもうど)料理と呼ばれる郷土料理です。
高地にある檜枝岐村は稲作には適さず、山菜やキノコ、山や川の生き物、寒冷地でもよく育つ蕎麦などを使った料理が生み出され、現在まで引き継がれてきました。これは山に入って働く男性のために、女性たちが限られた食材で工夫を凝らした料理です。

いくつか山人料理の看板を掲げたお店がありましたが、目についた一軒のお店に入りました。
W1440Q70_20170720_130353.jpg 
W1440Q70_20170720_132534.jpg 
お昼はそばのメニューだったので、裁ちそば、はっとうのそば定食を頼みました。どちらもまだ食べたことがありません。
W1440Q70_20170720_131627.jpg
「裁ちそば」は伸ばしたそば生地を折らずに何枚も重ねて切っているためコシがあって非常に美味しくいただきました。そば粉ともち米を練り、えごまやきな粉をつけたモチモチとした食感の「はっとう」なども堪能しました。

ちなみに、その「はっとう」の由来はメニューに載っていました。
W1080Q70_20170720_130657744.jpg 
登山後はつい高カロリーなものを食べたくなりますが、このさっぱりした蕎麦はとても美味しく、登山後でもアリだなと思いました。また、メニューにはなく食べられませんでしたが、山の沢に生息する山椒魚も名物で塩焼き、唐揚げ、天ぷらといった形で食べられています。

W1440Q70_20170720_133321.jpg W1440Q70_20170720_133455.jpg
途中の土産物屋にはサンショウウオの燻製がありました。


会津の奥に位置する秘境のような檜枝岐村には素朴な味わいと山に生きる人の温もりが感じられ、日帰りにするにはもったいないので民宿を利用してまた来たいと思います。

W1440Q70_20170720_134138.jpg 


会津駒ヶ岳シリーズ完(次回は武尊山)



The BBBのFacebookサイトで毎週木曜更新(英語版)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

穂高

Author:穂高
百名山登頂とTOEICスコア900を目指しています

The BBB(facebook版)で「Japanese 100 Great Mountains」連載中
※毎週木曜更新

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる