スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一歩踏み出せば世界が変わる・・・『LIFE!』
以前、映画館の予告で観て気になっていたましたが、もうすぐ終了しそうなので先日観てきました。
公式ホームページには以下のチェックリストが載っています。

 □毎日毎日同じ生活をくり返していますか?
 □仕事で大きな失敗をしたことがありますか?
 □空想することはありますか?
 □大切な誰かのために、夢をあきらめたことがありますか?
 □変わりたいとおもっていますか?
 
 3つ以上にYesと答えた方、これはあなたのための映画です!


(ほとんど全部当てはまりますが・・・)
主人公のウォルター・ミティはLIFE誌の写真管理を担当していて、空想癖があってどこか冴えない平凡な男性。そんな彼が最終号の表紙のネガがないことに気付き、カメラマンを探しに旅に出るのですが・・・

そのきっかけとなるのがショーン・ペン扮するカメラマンの写真に招かれるシーンです。(かっこ良すぎる!ぜひ下の予告編で)こういう岐路は人生の中でいくつかあって、ここで思いきるかきらないかで人生は変わってくると思います。後は結果論ですが、自分を信じた決断であれば後悔はしないですね。

そして、3枚の写真を手掛かりに繰り広げられる旅は大冒険となり、人生の素晴らしさに気付かされます。ウォルターの唯一の特技だったスケボーが思わぬところで大活躍するわけですが、グリーンランド、アイスランドの雄大な景色の中を滑走するシーンは、観ていて爽快な気分になれました。そして、色々な偶然も重なってついにカメラマンと遭遇するのですが、表紙の写真はなんと・・・(ぜひ映画で)

ところで、このLIFEのスローガンは下記のもの。

TO SEE THE WORLD (世界を見よう)
THINGS DANGEROUS TO COME TO (危険でも立ち向かおう)
TO SEE BEHIND WALLS (壁の裏側をのぞこう)
TO DRAW CLOSER (もっと近づこう)
TO FIND EACH OTHER (お互いを知ろう)
AND TO FEEL (そして感じよう)
THAT IS THE PURPOSE OF LIFE (それが人生の目的だから)


常に映画のキーワードになっています。このスローガンに忠実だったウォルターだからこそ、素晴らしい世界が見れることになります。

予告編でもあるように、この映画の主人公は自分自身だと気付かされ、これを観たら何か行動したくなります。 年を取れば取るほど時間が経つのは早く感じるし、限られた人生の中で悔いのないようやりたいことに挑戦したいと思わせてくれる1本でした。



あと、音楽が非常に素晴らしかったです。心地よいメロディーは映像と合っていて感動を盛り上げ、観終わってもずっと頭の中で流れていました。

Secret Life of Walter Mitty
Secret Life of Walter Mitty
posted with amazlet at 14.04.30
Various Artists
Republic (2013-12-17)
売り上げランキング: 1,496

そういえば、映画の中で「調べる」をgoogleを動詞に使っていた表現があって、「へー」と思いました。Have you googled it?みたいな感じでした。
 
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICと山の頂きを目指して. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。