スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラスコー展

知人が世界遺産検定を受けるという話を聞いて、自分も久しぶりに世界遺産に触れたくなり、そういえば上野の国立科学博物館で「ラスコー展」がやっているのを思い出し観に行ってきました。

lascaux_p.jpg


ラスコーとは、2万年前頃にクロマニョン人によって描かれた壁画がある洞窟です。1940年に4人の少年が偶然発見しましたが、その後一般公開となり見学者が増え続け、呼吸などで壁画が劣化してしまい1963年には閉鎖となってしまいました。その後、1983年には洞窟を複製し、「ラスコー2」という名称で公開されています。

世界遺産には「ヴェゼール渓谷の先史的景観と装飾洞窟群」という文化遺産として1979年に登録されました。


今回のラスコー展は、3次元レーザースキャンの最新技術や手作業で精密に復元された実物大の壁画、クロマニョン人の芸術性が分かる道具や彫像など、見どころはかなりあります。


こちらは実物大の壁画で展示室の明かりが消えると、青い光で壁画が浮かび上がるのが神秘的でした。

lascaux.jpg


今回の世界的な巡回展示は「ラスコー3」と呼ばれていて、2012年からボルドー、ブリュッセル、パリ、ジュネーブ、シカゴ、ヒューストン、モントリオール、ソウル、そして東京と巡回中です。


2016年12月15日にはフランスに「ラスコー4」と呼ばれる芸術センターがオープンする予定で、最新のデジタル通信機器を取り入れた解説端末や、オリジナル洞窟の原寸大複製でラスコー壁画芸術に対する理解を深めることができるそうです。


この「ラスコー展」が東京で見れるのは、2017年2月19日まで。歴史や芸術が好きな人にはおススメです。


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICと山の頂きを目指して. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。