百名山登頂記 —男体山—

秋晴れの日、日光の男体山(なんたいさん)へ登ってきました。

紅葉にはまだ早いですが入山出来るのは10月下旬までで、天候にも恵まれタイミングよく登ってこれました。

標高2486mの男体山へのルートはいくつかありますが、中禅寺湖を眺めながら登れる日光二荒山神社から登りました。

W1920Q75_IMGP1790.jpg 
男体山は古くは二荒山と呼ばれ、奈良時代から平安時代の僧・勝道(しょうどう)上人によって開山され、日光の信仰と文化の礎が築かれたとされています。

W1920Q75_IMGP1953.jpg 
ここで拝山料500円を払い、簡単に登山についての説明を聞きます。
W1920Q75_IMGP1798.jpg 

途中で工事用の道を歩きますが、あとはほぼ一本道で往復5~6時間程度で登ってこれます。
W1920Q75_20161007_093445.jpg 

樹林帯を抜けて工事用道路を歩いて、1時間程で再び登山道へ入ります。

W1920Q75_IMGP1827.jpg 

W1920Q75_IMGP1814.jpg 

標高が上がるにつれて中禅寺湖も見えてきました。しばらく天気は不安定な日が続き、翌日からも雨の予報でしたが、この日は吸い込まれそうな青空!

W1920Q75_IMGP1838.jpg 
一部紅葉が始まっていましたが、見頃は10月下旬ぐらいでしょうか。
W1920Q75_IMGP1835.jpg 
7合目を過ぎると岩場が増えてきつくなりますが、元々は修験道としての山なのでルートも険しいです。途中、ガスも出てきて中禅寺湖も隠れてしまいました。
W1920Q75_IMGP1857.jpg 
樹林帯を抜けると開放的な道が続き、頂上まではすぐの予感。
W1920Q75_IMGP1865.jpg 
山頂の鳥居が見えてきました。
W1920Q75_IMGP1892.jpg 
W1920Q75_20161007_123506.jpg 
3時間程で登れますが、思ったよりも険しかったです。確かに修験道として開かれた山という感じですが、山頂にたどり着いた時の達成感と雄大に広がる眺めは感慨深いものがありますね。
W1920Q75_IMGP1864.jpg 
W1920Q75_IMGP1871.jpg 
二荒山大神像と青空がよく似合います。
W1920Q75_20161007_123618.jpg 
さらに、頂上の右手には勝道上人一行が二荒山大神を拝したとされる聖域がありました。
W1920Q75_IMGP1938.jpg 
鳥居の奥には、長さ3.6m余りの御神剣が立っています。
W1920Q75_20161007_133229.jpg 
元々の御神剣は1880年に奉納され、山頂のシンボル的な存在として長い間風雪に耐えてきましたが、2012年3月に折れていることが分かり、同年10月に現在の剣が新たに奉納されたそうです。日本書紀に出てくる三種の神器「草薙の剣」にも例えられるほど、威風堂々とした佇まいでした。
W1920Q75_20161007_133111.jpg
W1920Q75_20161007_133513.jpg 
登山者には御守りをくれるのでザックにつけて登りました。
W1920Q75_20161007_132300.jpg
やはり日本を代表する観光地でもあるので、外国人の登山者も何人か見かけました。これから紅葉が本格的になれば中禅寺湖やいろは坂は最高ですね。
昨年はあまり紅葉シーズンに登山が出来なかったので、今年は登りたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

穂高

Author:穂高
百名山登頂とTOEICスコア900を目指しています

The BBB(facebook版)で「Japanese 100 Great Mountains」連載中
※毎週木曜更新

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる