百名山登頂記 -越後駒ヶ岳(魚沼駒ヶ岳)-

ようやく関東でも梅雨が明けたようですが、今年は待ち遠しく感じました。


山の方はなかなか登れていませんでしたが、先日の北陸からの出張帰りに新潟県にある百名山、越後駒ケ岳(別名:魚沼駒ヶ岳)に登ってきました。生憎の雨でしたが止みそうな気配もあり、しばらく様子を見ていましたが、とりあえず登山口の枝折峠(しおりとうげ)まで行くことにしました。


到着するとかなり雨も強くなっていて諦めかけましたが、新潟まで来る機会はそうないし、登れる山を目の前にして引き返すのは心残りなので、久しぶりに上下レインウェアに足元には泥除けのスパッツを付けて登りました

こんな日は登る人はいないだろうと思っていたら、意外にも駐車場には車が結構とまっていて、道中も何人か遭いました。


この山は事前にネットで調べてみると、地図上のタイムがどうやらあまりにあてにならないようである。標準タイムは5時間50分、手持ちの地図では5時間10分ですが、どうもコースタイムが甘いらしい。

echigo map 

道もぬかるんで歩きづらく、視界も真っ白で景色は楽しめませんが、どれだけコースタイムを稼げるかを目標にして登りました。


ほとんど写真も撮らず、ひたすら登っていきます。アップダウンが続いて、最後の方は急登の岩場がありますが、そこを超えると山小屋に出ます。途中にこの時期でも雪渓がありました。

W1920Q75_IMGP1318.jpg

ここから20分程で山頂です。この頃にはほとんど雨もやんでいました。


W1920Q75_IMGP1325.jpg

 ようやく頂上へ。要した時間は3時間50分。


W1920Q75_IMGP1328.jpg 

頂上には猿田彦大神像が祀られていました。


先に着いてた地元登山者二人組と少し会話を交わし、「それでは失礼します」と二人組が下り始めて一人になったとき、一瞬だけ晴れ間が見えました。

W1920Q75_IMGP1341.jpg 


 W1920Q75_IMGP1342.jpg 

今日登っていて、青空が見えたのはこのときだけでした。 下りは順調に飛ばしてましたが、道が滑りやすく思いのほかバテて、3時間20分ほどかかりました。

W1920Q75_IMGP1348.jpg 

下山後は近くのスーパー銭湯へ。3kgほど体重が減っていました。

今回は山の名前のように沼のような道で、景色も見えず、写真もあまり撮れず、きつい登山となりましたが、どんな条件でもやはり登っておいて良かったです。次の登山はきっと楽に感じられると思います(^^)


W1920Q75_IMGP1317.jpg 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

穂高

Author:穂高
百名山登頂とTOEICスコア900を目指しています

The BBB(facebook版)で「Japanese 100 Great Mountains」連載中
※毎週木曜更新

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる