スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
百名山登頂記 -蓼科山-
久しぶりの登山は雲一つない秋晴れとなりました。円錐形の美しい形から諏訪富士とも呼ばれている長野の蓼科山(標高2530m)へ向かいます。

朝は中央道の八ヶ岳PAへ。ここの手作りパンはめちゃくちゃ旨いので八ヶ岳や北アルプスに行くときは談合坂をスルーしてこちらに寄ります。
W1920Q75_IMGP0563.jpg

蓼科山登山口の駐車場から頂上までは一本道なので迷うこともまずありません。


最初は緩やかな傾斜が続き笹の間を登って行きます。霜柱があったり、葉も凍っていて朝のうちはかなり冷え込み身が引き締まります。
20151111155842225.jpg

しばらくすると岩の道に変わり、頂上まではこの状態が続きます。


単調な道で飽きますが、振り返れば秋の山々に癒されました。
W1920Q75_IMGP0578.jpg

樹林帯を越えると頂上への道標が現れ、


そして登頂!
W1920Q75_IMGP0594.jpg

頂上は岩だらけで蓼科神社奥宮と鳥居が建っています。
W1920Q75_IMGP0595.jpg

北アルプス、南アルプスのほとんどの山が見え、360度の眺望は最高です。
W1920Q75_IMGP0601.jpg
槍ヶ岳はすぐにわかります。
W1920Q75_IMGP0602.jpg

御嶽山も近いです。
W1920Q75_IMGP0619.jpg
W1920Q75_IMGP0607.jpg

先日買って初めて試した時計も標高もずれなく見やすくてグッドでした。


この蓼科山には山の神ビジンサマが住んでいるという伝承があります。ビジンサマが山を通る日は人々は山仕事をやめるそうで、山神信仰のひとつとして語り継がれています。
そのビジンサマですが、美人かと思いきや球状で黒い雲に包まれ、その下には赤や青の紙細工が下がっている妖怪と考えられているようです。


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

登山用カメラ
穂高さん、
いつも楽しみに拝読させて戴いております。特に登山の回は絶景の写真付きで素晴らしいです。今回も槍ヶ岳の望遠が秀逸でしたが、もし宜しければ、どういったカメラで撮られたのでしょうか。やはり、重たい一眼レフでしょうか。コンデジなら嬉しいのですが、私は五十過ぎのおっさんですが、TOEIC好きに加え最近、単独で登山を始めました。
| URL | 2015/11/16/Mon 00:54 [EDIT]
Re: 登山用カメラ
コメントありがとうございます。以前はコンデジでしたが、最近は一眼レフのPENTAXのKS-2を持って行ってます。一眼レフの中でもコンパクトで軽く何より防塵防滴でアウトドア向きなので重宝しています。ザックの容量も考慮してレンズは広角と望遠を一つずつです。登山中はだいたいスマホで頂上では一眼レフで撮ってますが、最近一眼レフもすぐ取り出せるザックを買ったので臨機応変使ってます。まだまだ未熟なので何か参考になることがあれば教えてください。お互いにTOEICも登山も楽しみながら頑張りましょう!
穂高 | URL | 2015/11/17/Tue 05:29 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICと山の頂きを目指して. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。