All is well

いよいよ現行TOEICが2016年5月からマイナーチェンジになるとの発表がありました。内容をざっくり見ましたが、そこまで大きくは変わらないもののパート3・4は手強そうで慣れるまでが大変だと思います。ただ、これまでしてきた勉強は当然役立ちますし、「All is well」と前向きに考えたいと思います。

今年のプロ野球で3割30本30盗塁のいわゆるトリプルスリーを達成したヤクルトスワローズの山田哲人選手が日本シリーズ前にラジオ番組でインタビューされていました。
ドラマや映画が好きで、中でも特にお薦めしていたのがインド映画の『きっと、うまくいく』でした。まだ観ていなくてずっと気になっていましたが、ようやく観ることが出来ました。

3idiots.jpg

原題は「3idiots」とあるように出来の悪い大学生(一人は相当頭がきれます)が繰り広げる話と彼らの10年後のある一日が交錯しながら進んでいきます。インドの社会構造や教育制度の現実を考えさせられますが、笑いあり涙ありインド映画らしく踊りあり、3時間近い映画ですがあっという間に感じられます。

映画の中で主人公のランチョーは何か問題が起こると「All is well. All is well.(アール・イズ・ウェル)」と唱えます。(インド英語なのか発音も字幕もアールとなっていました)
とにかく頭が良くて雄弁で発想が素晴らしく、ピンチのときに即席武器を作ったり、ユーモアを交えて学長に好戦したり、人々の運命を変えていく程影響力があるので、つい感情移入してしまいます。最後はスカッと爽快になれるので気分が沈んでいるときにいいかもしれませんね。未見の方は是非お薦めです。映画を見終わった後はしばらく踊りの曲が頭から離れないかもしれませんが(^^;これ程長い映画なのにもっと観ていたいと思いました。

ヤクルトの山田哲人選手もバッターボックスに入る前には、「All is well. All is well.」と心の中で唱えているそうです。

ちなみに主人公演じるアーミル・カーンは44歳で大学生役を演じていますが全然違和感ありません。このアーミル・カーンはビル・ゲイツが会いたいと熱望していたほどで、2013年の「世界で最も影響力のある100人」の一人に選出されてます。演技も本当に素晴らしかったです。

今ならhuluで配信しているので、登録してお試し期間中に観れそうです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

穂高

Author:穂高
百名山登頂とTOEICスコア900を目指しています

The BBB(facebook版)で「Japanese 100 Great Mountains」連載中
※毎週木曜更新

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる