スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
噂どおりに凄かった・・・『ゼロ・グラビティ』(ネタばれ)
だいたい内容が想像つくから観るまでもないかなと思っていましたが、ネット上での反響がすごいことになっているこの映画、上映終了ギリギリで観に行ってきました。

zero-g.jpg

宇宙での任務中に事故によって宇宙空間に放り出されたサンドラ・ブロック扮する宇宙飛行士ライアンが決死のサバイバルを繰り広げるのですが、次々襲いかかる非常事態に手に汗を握り、観ていてこんなに体に力が入った映画はあまり記憶にありません。

まずなんといっても圧倒される宇宙空間の映像美に感動させられます。また、普段はあまり知る機会がない宇宙ステーションの様子が分かるのも貴重です。衛星の破片が降りかかるシーンはよく切り抜けたと感心し(そこは映画だからOK)、極限状況下に置かれた主人公の決して諦めない姿に勇気をもらいました。そして、所々に張られた伏線は、後からすごい意味が込められているのだと分かり、観終わった後はほとんどの人が放心状態になると聞いていましたが、おそらく自分もなっていました。それほど強烈な印象でした。

映画の終盤にこんなシーンがあります。どうにか地球までたどり着ける手段が整ったライアンが大気圏に突入する前に次のように語ります。

「~結果は2つしかない。無事に生還して奇想天外な話を聞かせられるか、10分後に焼け死ぬかのどちらかよ!どっちだろうと、誰のせいでもない!結果はどうあれ、これは最高の旅よ!」

ライアンがこの状況を最高の旅と思えその過程を楽しむように達観できるのも生きる希望があってこそで、一度は死を覚悟して眠りにつこうとした彼女も色々な想いでこうも強くなれたことに胸を打たれました。(詳しくはぜひ映画を!)
そして、最後に「Gravity(重力)」に逆らい、立ち上がった姿はなんとも美しいものでした。

ところで、宇宙空間でのやりとりに「Do you copy?」という台詞が頻繁に出てきました。字幕は「聞こえますか?」になっていましたが、後で調べたら主に宇宙飛行士やパイロットが使用する会話で無線通信で使われる用語とのこと。さすがにPart2には出ないかな。調べているついでに知りましたが、「Can you copy me?」は「私にもCCでメール送って」との意味で、これは出てもおかしくないかも。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

見ます、見ます。
穂高さん、

こんばんは。 『ゼロ・グラビティ』 面白そうですね。私、見てなーい!m(__)mので早速見に行きます。 先週は 昨年大ヒットした 『レミゼラブル』 が
地元の映画館でリバイバルされていたので、見に行きました。
何度見ても感動です(^^)

今週末は 『大統領の執事の涙』 を見に行きます。
私、社会派っぽいのが好きなので今から楽しみです♪

ps: 重松清の 『ゼツメツ少年』 は私にはうーん^_^;という感じでした・・・m(__)m
カメ吉 | URL | 2014/02/17/Mon 20:27 [EDIT]
Re: 見ます、見ます。
カメ吉さん

『レミゼラブル』はいいですよね。DVDを買おうか迷っていましたが、断捨離中だったので我慢しました。『大統領の執事の涙』は予告編でやってましたが、フォレスト・ウィテカーがいい味出してましたよ。この『ゼロ・グラビティ』は超絶オススメなので、ぜひ観てください!
穂高 | URL | 2014/02/18/Tue 04:31 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICと山の頂きを目指して. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。