「どりマホ」を読み終えて

4月に発売された清涼院流水さんの新刊「努力したぶんだけ魔法のように成果が出る英語勉強法」(通称:どりマホ)を読みました。

dorimaho.png

楽をして成果を出せる魔法はないけど、成果につながる努力の仕方が紹介されています。その努力とは英語学習の王道とも呼べる方法かもしれませんが、成果の出ない努力(迷宮のメソッド)と比較されて、その違いがはっきりしています。そして、迷宮のメソッドは身に覚えのあるものが多く、いかに自分が魔法のメソッドが出来ていないかを痛感しました。

この違いを知らないといつまでも迷宮から出れず英語学習を諦めてもおかしくありません。流水さんが長い時間かけて明確にしたこの魔法のメソッドは本当に核心を突くものばかりで、言われないと意外と気が付かないものだと思います。
結局は面倒臭いことが目標の近道になるのだから、どんどんひと手間かけていこうと思えました。

さらに嬉しかったのは海外ドラマを利用した学習で流水さんイチオシのドラマが載っていたこと。そして、毎日見ることがネイティブの思考回路を学ぶことにつながるという発想には、そういう考えもあるのかと膝を打ちました。一日の楽しみのひとときとして活用したいと思います。

最後に・・・
迷宮を脱出してもさ迷う英語学習者の為に望んで迷宮を歩き続けるという流水さんの姿勢にはグッと込み上げてくるものがありました。
流水さんがいつも英語学習者のことを思いこうして道標を示してくれたので、迷宮も落ち着いて進んで行こうと思えました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

穂高

Author:穂高
百名山登頂とTOEICスコア900を目指しています

The BBB(facebook版)で「Japanese 100 Great Mountains」連載中
※毎週木曜更新

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる