第5回花田塾チャリティーセミナーに参加しました

昨年に引き続き2回目の参加となりましたが、前回以上に豪華な講師陣で内容も非常に充実していました。
このセミナーのテーマソングとも言える 「Be the light」を震災の画像を見ながら聞きました。記憶も徐々に薄れかかっていましたが、まだ4年しか経ってなく当時の状況が思い出され、今なお多数の人が避難生活を送っていることを考えると身の引き締まる思いでした。TOEICを通じて支援できるこのチャリティーセミナーは素晴らしいものだと改めて感じました。

まずは、神崎先生からAmy Cuddy氏の「Your body language shapes who you are」という話から。自信のないときでも自信に溢れるポーズを取ることで脳内で変化が起こり、成功する見込みも変わると言います。そこで、全員で目標スコアを達成したときをイメージして、両手を上げること2分間。ポーズが自信を生むことは聞いたことがありましたが実際にやるのは初めてです。やる気も満ちたところで、いよいよ講義に入っていきます。
ちなみにAmy Cuddy氏のプレゼンはこちら。納得です。


■「Peter Rabbit's Part5 野うさぎの走り」
Rabbitさんによる最新傾向を反映したPart5を20題。その後、問題解説と実際にどうやって解いてるかをお話いただきました。こうしてRabbitさんの解説を聞くのは初めてでしたが、あまりに見事な解説に酔いしれて、非常にクリアな考え方が分かりました。
そして、Part5の効果的な勉強法として、時間制限の中で解くことと時間無制限でじっくり考えながら解くやり方を推奨されていました。また、復習時は正解した問題を含めて40問解くという経験が大事なのだと。自分は主に間違った問題ばかり復習してましたが、ここは見直したいと思います。
音声を取り入れたトレーニングについては、徐々に再生速度を上げていくことでそれが自分の読解スピードになることも、これまでPart5では音声を利用してなかった自分にとっては新たな発見でした。
後日、Rabbitさんのブログで今回の問題と解説は記事にしていただけるとのことなので、楽しみにしています。

■「軟化したパート2の攻略法」
先日、「サラリーマン特急」を出版されたOJiMさんによるリスニング講義。
いきなり、すぐに使えるテクニックを紹介していただきました。
その1 難問はあきらめる
これは簡単に出来そうですが分かっていても本番になると意外と出来ません。つい引きずってしまうので、次回はきっぱりとあきらめよう。
その2 正解を先読みする
この発想はありませんでしたが、2択に近い確率になるので本番では意識してみます。
その3 耳ダンボ
「サラリーマン特急」の中でも書かれていましたが、実際にやってみることで確かに音量は違って聞こえました。

難化したPart2対策としては、スクリプトを見ると意味は分かるので、少し難しい表現や構文を解きながらもリスニング力の基礎を固めること。そして、この基礎を固めることによって頭の中で余裕が生まれくるので正答率が上がるのだと分かりました。
「音も意味も分かる英語を繰り返し聞くこと」「音読すること」で英語の山のトンネルが開通するという、非常に分かりやすい内容でした。参加者を楽しませるために徹底的に準備されたプレゼンには今回も感心させられっぱなしでした。

■「あなたの人生が変わる数秒の世界」
阪神淡路大震災と東日本大震災を経験されている清涼院流水さんからはヤル気のコントロールの話を。2つの震災の状況とそれぞれの震災で人生が変わった話を聞いて、人生はいつ終わるか分からないので必死でやらなくてはならないこと、漫然と生きてしまうので自分を律する必要性を感じました。
そして、流水さんの経験を元に話されたヤル気のチェックリストから気になったものをいくつか。
・体調不良 ⇒ 睡眠と栄養を確保する ※怖いのは体調が悪いことに気付いていないこと
・不安の心理は準備不足から ⇒ 限界までやれば不安は消える
・未来の目標がない ⇒ 目標スコア達成の後にしたいことをイメージ
流水さんの話は人を惹きつけて説得力があるのでいつも聞き入ってしまいます。ヤル気は最大の原動力でヤル気がないのにやっても何も身につきません。「今日は残りの人生の最初の日」を肝に命じて、ヤル気をコントロールしていきます。

■「Part3&4 アラカルト」
大阪から駆けつけてくださったJoyさんの講義は、Part3で一人の話者だけのセリフを聞いて解答するというものでした。そんなこと出来るものなのかと疑いましたが、いずれも根拠をもって分かるものでした。これはいつも以上に集中して聞いて、そこから推測することが必要なるので負荷は高いですが集中力が鍛えられます。その後に英検の問題にチャレンジしましたが、こちらは設問が書かれていないので、より集中力と記憶力を要します。
Joyさんと花田先生とで会話のナレーターをしていただきましたが、お二人の美声に聞き惚れてしまいました。Joyさんは日本にいながらここまで完璧な発音を身につけたということでさらに驚かされました。その秘訣のひとつとして、公式などの英文で自分の発音を録音して元の音源と聞き比べること。ショック療法と呼んでましたが、ショックを受けて発音を矯正するのだと。これまで積極的にやってきませんでしたが、これを機に取り入れてみます。

講師の皆さまお疲れ様でした。そして、素晴らしい講義をありがとうございました。今年は連休前にチャリティーセミナーがあったことで、連休はTOEIC学習に対しても充実しそうです。最後に、このような有意義なセミナーを企画していただいた花田先生には感謝いたします。これからもこのチャリティーセミナーが継続していけるように応援していきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい記事、ありがとうございます!

穂高さん、早速、素晴らしい記事を纏めてくださいましてありがとうございます。自分のブログ記事でもご紹介させて頂きました。

セミナー前後で、久しぶりにいろいろお話ができて、楽しかったです。

このチャリティーセミナーの感動とともに、5月公開に向けて、お互い頑張りましょう!

Re: 素晴らしい記事、ありがとうございます!

comchanさん
昨日はお疲れ様でした。とても充実したセミナーでしたね。ブログでの紹介もありがとうございました。セミナーの内容もそうでしたが、よくお目にかかる参加者の方たちも頑張られていて刺激をもらいました。
連休はゆっくり休んでリフレッシュしながらも、このセミナーの刺激をTOEIC学習に活かしていきましょう!

穂高さん、

セミナーの内容を的確にまとめていただきありがとうございます!

私がお伝えしたかった内容を完全に網羅していただいていますね。

何か、1つでもスコアアップのお役に立てられれば嬉しい限りです。

引き続きよろしくお願いします。

OJiM

Re: タイトルなし

OJiMさん
とにかく素晴らしい講義をありがとうございました!いつも思いますが監督のTOEICに対する洞察力には感動を覚えます。GWは「サラリーマン特急」を旅のお供に連れてきます。今後共よろしくお願いいたします。

穂高さん

チャリティセミナーを記事にしていただき有難うございます。

また過分なお褒めの言葉をいただき、大変恐縮しております(大汗)。

それにしても、いつもながら穂高さんのイベントの纏め記事は正確で素晴らしいですね。感心してしまいます。

また一緒に勉強させてください。

Peter、違う、Rabbitでした。

Re:

Rabbitさん
流れるような解説といい、アドリブといい最高のトークでした!そして、参加したTOEICerを勇気づける言葉に心底感動しました。また聞きたくなります。これからもよろしくお願いいたします(^^)

ありがとうございました。

穂高さん、
セミナーでは少しお話させて頂いてありがとうございました。
「スコア」と「年齢」を勘違いしたあわて者です。^^;

セミナーの記事、詳細すぎてすごいです!
改めてセミナーでの充実した時間がよみがえりました。
TOEICはまだ登りはじめの道のりですが
少しでもいい景色が見れるように頑張りたいなと思いました。

穂高さんの山の写真も見ていると気持ちが広がり、
とても落ち着きます。
これからもブログ楽しみにしていますね。

Re: ありがとうございました。

KOZUさん
初めまして。セミナーはどの講義も為になって素晴らしかったですね。
KOZUさん、それだけの期間が開いているのに今のTOEICスコアには驚きました!これからがますます楽しみですし、続けてさえいればいい景色が見られますよ。私も刺激を受けました。いつかお互いにいい報告が出来るように頑張りましょうd(^-^)
プロフィール

穂高

Author:穂高
百名山登頂とTOEICスコア900を目指しています

The BBBのfacebookで「Japanese 100 Great Mountains」連載中

https://www.facebook.com/
thebbb.net

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる