都会の山小屋 「喫茶穂高」

JRお茶ノ水駅から徒歩1分、昭和30年から続く山好きが集まる場所として有名で、この都心にそこだけ時間が止まったような喫茶店「穂高」があります。
選挙活動も終えて一息つきに寄ってきました。初めて訪れましたが、HNと同じ名前で親近感が沸きます。



山小屋の雰囲気を残した店の中はとても落ち着いた空間で、入った瞬間に居心地の良さが伝わってきました。JRの線路に面しているのでカウンター席からは駅が見え、アナウンスや発車音なども聞こえてきます。山の書籍や雑誌が置いてあり、山好きな人には最高だと思います。新田次郎さんも通っていて、奥の壁には彼のことばが掛かっています。



白髪で気の良さそうなマスターがカウンターでコーヒー豆を選別していました。
そして、本当にコーヒーが味わい深くて、マスターのこだわりを感じました。
お会計のときに話しかけると、とても嬉しそうに目を輝かせながら山の話をしてくれました。

近くに来た際はまた足を運んでみたくなる喫茶店です。


喫茶 穂高(きっさほだか)
東京都千代田区神田駿河台4-5-3
JRお茶の水駅駅聖橋口よりすぐ
[平日]  08:00 - 21:00 
[土曜日]  08:00 - 19:00
[定休日]  日曜・祝日



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山好きの空間

穂高さん

そこへは浪人時代に、たぶん30回以上行ったことがあります。浪人生だったのに、丸善で小説を買ってはそこでゆったりと読んでいました。

その頃は小説か歴史ものばかり読んでいて英語の勉強なんか考えたこともなかったけど・・・。

Rabbitでした。

Re: 山好きの空間

Rabbitさん
なんと、そんなに行かれていたんですね。分かります、自分も近かったら何回でも行っています。
今のマスターも同じでしょうかね。その頃の経験が今のRabbitさんの文才を発揮しているのだと思います(^^)
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR