スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AGB総選挙に向けて②
今日は趣味などの紹介を。
「社会人英語部の衝撃」にコラムで掲載がありますが、TOEICを始めて4年弱ほど経ちます。それは流水さんと出会って英語部に入ったのがきっかけでした。

元々TOEICを知る前に英語には興味がありましたが、それは学生時代に言われたある一言がきっかけです。それは異国の地で言われた「Can you pray?」という言葉。そして、この後の衝撃の展開はぜひ2・28に紹介したいと思います。

学生の頃からよく一人旅をしてきました。「深夜特急」に憧れて、これまで訪問した国は約40ヵ国。ヨーロッパに行ったときは、今でこそ旅先で宿を探すカウチサーフィンなるサービスがありますが、当時は無理やり海外にメル友を作って泊めてもらっていました。こうして英会話に興味を持つけど、帰国して日常に戻ると徐々に英語から遠ざかる一方で、 英語部に入るまでは英語の学習が続きませんでした。

国内の旅も好きで訪問していない都道府県はあと5つ。特に自転車で東京から北海道の宗谷岬を目指したときは日本の良さ、人の温かさ、そして達成感を味わえて思い出深いものとなりました。

そして、TOEICを始める前にはまっていたものがあります。それは空手。ずっと興味ありましたが、なかなか始めるきっかけがないまま社会人になりました。あるとき引っ越しをしたら、なんと、目の前に極真空手の道場が!ついにきたかと迷わず入門しましたが、初日の稽古で上級者におもいきり頭に回し蹴りを食らって軽く脳震盪。
その後もアザが出来ない日はなく、合宿では失神寸前、試合では骨折など極真の厳しさを知りました。稽古に行くのはほんと気が重かったですが、やり終えたときの爽快感と自分に打ち勝った気持ちが最高なので続けられました。
TOEICでも隙間時間は有効ですが、このときも車にビール瓶を置いといて信号で止まる度にすねを硬くするため叩くなど、有効に?活用してました。
仕事の関係で5年程で辞めてしまいましたが、機会があればまたやろうと思っています。

空手もTOEICも続けることが何よりも大事でしょう。空手では体が勝手に反応するようになり、頭で考えなくても技を出せるし、受けも出来るようになってきます。TOEICに関しても英語を体に覚え込ませなくては上達はないので、日々精進しています。

趣味の話を長々と失礼しました(^^;
明日は流水さんとの出会いについて書きたいと思います。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © TOEICと山の頂きを目指して. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。