第213回公開テスト受験記

4ヵ月ぶりのTOEICを受験してきました。先週一週間は日照時間が7日連続1時間未満とニュースでやっていて、確かに晴れ間を見た覚えはありませんが、今日の試験日は久々の青空となり気持ちよく会場へ向かいました。


新形式となって2回目の受験ですが、会場は前回と同じく仙川にあるNTT研修センター。

仙川駅で猿田彦珈琲という初めて見る喫茶店があり、雰囲気も良さそうだったので入ってみました。

20160926014132734.jpg 

番号札がトランプになっていました。


ここでは新形式の単語特急を1周して、新形式の公式問題集Part3と4をやりました。

今回の対策としては公式問題集を重点的に復習しながら、PAGODAの問題集で初見模試に慣れるという感じでやってきましたが、まだまだ不安でした。


試験場は30人程の教室にラジカセで部屋は意外と寒かったぐらいで環境は普通でした。

Part1は問題なし、Part2は後半怪しいのが数問あり消去法で切り抜けましたが、2問は全くの勘で答えました。

Part3、4は先読みのリズムは崩さなかったものの、グラフィック問題で図を気にしてるあまりいつの間にか会話が終わっていたというパターンが2セット程あって、やはりここが課題だと思いました。


リーディングはPart6には少し慣れてきましたが挿入問題で迷ったセットがあり、14時7分にPart7へ。SPから順に慎重ながら緩急をつけて、字面だけ追わずに全体を理解するのを意識しました。読みながらここは答えの根拠になりそうだなと最初の方は余裕がありましたが、TPを残して後12分程。3セット目の分量に圧倒され、そこは塗り絵覚悟で解き進み、2セット目の途中でタイムアップ。SP、DPはわりと答えの根拠を明確に出来たつもりでしたが、今回はTPの慣れというか対策が全然甘かったのが反省です。


スポンサーサイト
百名山登頂記 ー北岳ー

遅めの夏休みを取って山に登ってきました。当初は剱岳に行く予定が北陸は天気が崩れそうなので、比較的天気予報が良さそうだった南アルプスの北岳~間ノ岳の縦走に急遽変更しました。

kita_map.jpg


奈良田から広河原の間はマイカー規制なので、奈良田に車を停めて広河原までバスで向かいます。広河原から北岳~間ノ岳を縦走し、奈良田に下りてくるという予定でいました。

明け方、雨が振ったようで奈良田に向かう途中に久しぶりに虹を見ました。

niji.jpg

 

平日は早いバスがなく8時5分に奈良田を出発、9時頃に広河原へ到着しここから北岳へと向かいます。

kita01.jpg


朝からずっと曇っていましたが、だんだんと晴れてきて遠くの山々がよく見えました。

kita02.jpg


自分の上空とこれから向かう北岳の上の方は厚いガスで真っ白。(あまり汗をかかずに登り易かったのは良かったですが)

kita03.jpg    

大樺沢沿いを進み二俣から右俣コース経由で肩の小屋へ到着しました。道は危険な箇所も分かりにくいとこもなく登りやすかったです。下山してくる人たちに北岳の様子を聞くと、午前中は雨と風がかなり強く、間ノ岳への縦走も危険そうで下りてきた登山者が結構いました。

kita04.jpg 

ここに泊まることも検討してましたが、この時点で雨もやんでいたので頂上の先の北岳山荘へさらに向かうことにしました。北岳の頂上はここから40分程。

頂上へ着きました。誰もいなくて独り占めでしたが、予想通り景色は真っ白で何も見えません。北岳(3,193m)は富士山に次いで日本で2番目の高さですが、こうも真っ白だと高度感も分かりません。

kita05.jpg 

頂上からは霧雨となり、誰もいなくてルートも少し分かりにくかったですが、足早に下りて1時間程進むと北岳山荘が見えて来ました。到着するとかなり強い雨となったので、ちょうど良かったです。

kita06.jpg 

北岳山荘は150名以上泊まれる大きな山小屋ですが、この日はわずかに4人。17時の夕食まですぐでしたが、間に合うのでお願いしました。

meshi.jpg 

食事中に山小屋の人が「明日は曇り/雨の予報で、さらに台風が発生して関東に接近しているので、明日中には下山した方がいいです」と説明がありました。この先でもう一泊する予定でいましたが、朝早く出て一気に奈良田まで下りることにして、ここからだと結構距離もあるし雨の中歩くのはきついなーと思いながら寝ました。


ところが、翌日はまさかの晴天。

kita07.jpg 

5時に食事をいただくと山小屋の人から、「今は晴れてても昼過ぎからは雷雨となるから午前中が勝負」と最新情報が入りました。奈良田までは時間がかかりそうなので、ゆっくり広河原へ下りてバスで奈良田に向かうことにしました。

 

ということで、また北岳山頂へ。昨日は何も見えなかった頂上も見事に景色が楽しめました。頂上も20人ぐらいの登山者がいてワイワイしてました。

kita_top03.jpg


北アルプスも。

kita08.jpg 

 しばらくいると一瞬にしてガスに覆われたり、晴れたり、刻一刻と情景が変わっていきます。そのうち太陽の光で自分の影の周りに光の環をつくるブロッケン現象も見れました。

kita09.jpg 

そのうち虹が3重にもなったり…。

kita10.jpg 


南の方も晴れてきましたが、富士山だけは見えませんでした。

kita11.jpg 

時間も余裕があったので、頂上で1時間ぐらい景色を楽しみ、写真を撮って下山しました。


登りとは別コースで下り、ソフトクリームが食べれる山小屋があると聞いてたので寄ってみましたが、残念ながらやって本日は販売しておらず。

kita12.jpg 

お昼には広河原山荘へ到着しました。

kita13.jpg  


この時期はどうしても台風が多く快適な登山も限られますが、今回は短い期間でしたが山頂で景色を拝めたので満足のいく登山となりました。


Copyright © TOEICと山の頂きを目指して. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ