エベレスト

次の公開テストは仕事の関係で来年の3月になりそうですが、1月の青学IPテストなら受けられる可能性があり、ひとまず申し込みに行ってきました。申し込むには青学会館アイビーホールまで行かなくてはなりませんが、普段あまり行く機会がない表参道の散策を楽しんできました。

青山に来るとだいたい寄るのはABC(青山ブックセンター)です。いつものようにTOEICコーナーに少し寄って、その先の突き当りの登山コーナーに向かいます。日本人で初めて8000m峰全14座を登頂した竹内洋岳氏の本が目につきました。2012年にこの偉業を達成した後、テレビなどによく出演してましたが、あるとき彼の講演を聴ける機会を逃したのでもっと知りたいと思っていましたが、前から気になっていた本があったので買いました。

51DDHXSm--L.jpg

著者が山で考えたり感じたことを様々なテーマについて語り、大変読みやすく登山以外でも参考になる内容でした。14座のコラムも面白かったです。エベレストは1852年に世界最高峰であると判明しましたが、インドの測量技師のG.エベレストの名が由来になっています。のちにチベット語では世界の母神を意味する"チョモランマ"、ネパール語では世界の頂上を意味する"サガルマータ"と呼ばれていることが分かりましたが、既に広く知れ渡っていたエベレストの呼称は変更になりませんでした。

エベレストといえば、先日この映画を観てきました。
everest3d.jpg
1996年に起きた遭難事故の実話が基になっていて、自然の猛威とデス・ゾーンでのサバイバルは迫力がありました。この登山でセブンサミットを達成した日本人の難波康子氏は当時女性では最高齢での登頂でした。彼女もそうですが、一人ひとりがそれぞれの想いを持って頂上を目指す様子がよく描かれていて、涙なしには観れないと思いますが、色々と考えさせられました。

まずは1月のIPテストを目指して、年内にやれることを整理したいと思います。

スポンサーサイト

第204回公開テスト結果

825(L450 R375)

と悔しい結果となりました。リーディングはもう少し取れてると思っていましたが全然甘かったです。もう一度やるべきことを見直して対策し直します。

次の公開テストは3月になりそうです。少し空きますが、現行TOEICも受けられて後2回しかないので、次で一気に飛躍できるようモチベーションを下げずに日々頑張ります。

百名山登頂記 -蓼科山-

久しぶりの登山は雲一つない秋晴れとなりました。円錐形の美しい形から諏訪富士とも呼ばれている長野の蓼科山(標高2530m)へ向かいます。

朝は中央道の八ヶ岳PAへ。ここの手作りパンはめちゃくちゃ旨いので八ヶ岳や北アルプスに行くときは談合坂をスルーしてこちらに寄ります。
W1920Q75_IMGP0563.jpg

蓼科山登山口の駐車場から頂上までは一本道なので迷うこともまずありません。


最初は緩やかな傾斜が続き笹の間を登って行きます。霜柱があったり、葉も凍っていて朝のうちはかなり冷え込み身が引き締まります。
20151111155842225.jpg

しばらくすると岩の道に変わり、頂上まではこの状態が続きます。


単調な道で飽きますが、振り返れば秋の山々に癒されました。
W1920Q75_IMGP0578.jpg

樹林帯を越えると頂上への道標が現れ、


そして登頂!
W1920Q75_IMGP0594.jpg

頂上は岩だらけで蓼科神社奥宮と鳥居が建っています。
W1920Q75_IMGP0595.jpg

北アルプス、南アルプスのほとんどの山が見え、360度の眺望は最高です。
W1920Q75_IMGP0601.jpg
槍ヶ岳はすぐにわかります。
W1920Q75_IMGP0602.jpg

御嶽山も近いです。
W1920Q75_IMGP0619.jpg
W1920Q75_IMGP0607.jpg

先日買って初めて試した時計も標高もずれなく見やすくてグッドでした。


この蓼科山には山の神ビジンサマが住んでいるという伝承があります。ビジンサマが山を通る日は人々は山仕事をやめるそうで、山神信仰のひとつとして語り継がれています。
そのビジンサマですが、美人かと思いきや球状で黒い雲に包まれ、その下には赤や青の紙細工が下がっている妖怪と考えられているようです。


All is well

いよいよ現行TOEICが2016年5月からマイナーチェンジになるとの発表がありました。内容をざっくり見ましたが、そこまで大きくは変わらないもののパート3・4は手強そうで慣れるまでが大変だと思います。ただ、これまでしてきた勉強は当然役立ちますし、「All is well」と前向きに考えたいと思います。

今年のプロ野球で3割30本30盗塁のいわゆるトリプルスリーを達成したヤクルトスワローズの山田哲人選手が日本シリーズ前にラジオ番組でインタビューされていました。
ドラマや映画が好きで、中でも特にお薦めしていたのがインド映画の『きっと、うまくいく』でした。まだ観ていなくてずっと気になっていましたが、ようやく観ることが出来ました。

3idiots.jpg

原題は「3idiots」とあるように出来の悪い大学生(一人は相当頭がきれます)が繰り広げる話と彼らの10年後のある一日が交錯しながら進んでいきます。インドの社会構造や教育制度の現実を考えさせられますが、笑いあり涙ありインド映画らしく踊りあり、3時間近い映画ですがあっという間に感じられます。

映画の中で主人公のランチョーは何か問題が起こると「All is well. All is well.(アール・イズ・ウェル)」と唱えます。(インド英語なのか発音も字幕もアールとなっていました)
とにかく頭が良くて雄弁で発想が素晴らしく、ピンチのときに即席武器を作ったり、ユーモアを交えて学長に好戦したり、人々の運命を変えていく程影響力があるので、つい感情移入してしまいます。最後はスカッと爽快になれるので気分が沈んでいるときにいいかもしれませんね。未見の方は是非お薦めです。映画を見終わった後はしばらく踊りの曲が頭から離れないかもしれませんが(^^;これ程長い映画なのにもっと観ていたいと思いました。

ヤクルトの山田哲人選手もバッターボックスに入る前には、「All is well. All is well.」と心の中で唱えているそうです。

ちなみに主人公演じるアーミル・カーンは44歳で大学生役を演じていますが全然違和感ありません。このアーミル・カーンはビル・ゲイツが会いたいと熱望していたほどで、2013年の「世界で最も影響力のある100人」の一人に選出されてます。演技も本当に素晴らしかったです。

今ならhuluで配信しているので、登録してお試し期間中に観れそうです。

4年に一度の祭典


新極真会の空手大会。4年前に引き続き今年も観戦してきました。

興味ない人にはさっぱりな話ですが、今大会で優勝候補の一人がブルガリアのヴァレリー・デミトロフという選手。184cm、90kg、段位は四段で心技体ともに今が最も充実していて、今大会のテーマは"ストップ・ザ・ヴァレリー"と言われてました。それを5回戦で止めたのが168cmの22歳の前田勝汰という選手。個人的にはこの試合が一番熱かったです。

本戦のあと、延長戦でも決着がつかず、2分間の再々延長の様子です。


この後、前田選手は準々決勝で192cm、92kgのリトアニアの選手も倒していて、その果敢に攻める姿は感動的でした。

以前、空手を習っていた頃に小さな大会に出て自分も再々延長までなったことがありますが、ただ苦しくて無意識でパンチや蹴りを出してるだけでした。このときは判定で勝って、それから何試合かやりましたが、最後は歩けなくなり翌日病院に行ったら骨折してました(^^;空手をやめたときは解放感がありましたが、また空手熱が再燃しそうです。

プロフィール

穂高

Author:穂高
百名山登頂とTOEICスコア900を目指しています

The BBB(facebook版)で「Japanese 100 Great Mountains」連載中
※毎週木曜更新

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる