流水さん新刊、TOEIC「7つの壁」

TOEIC(R)テスト300点から990点へ、「7つの壁」を突破するブレイクスルー英語勉強法TOEIC(R)テスト300点から990点へ、「7つの壁」を突破するブレイクスルー英語勉強法
(2015/01/23)
清涼院 流水

商品詳細を見る


TOEICで立ちはだかる7つの壁を明確にし、それぞれの対策まではっきりと断言している、どのスコアの人にも有効な指南書となっています。それも流水さんの経験の裏付けがあるので、これ以上信用出来るものもなく、壁を突破する方法をずばり指摘しているのは本当に流石だと思いました。
英語部の歴史とともに教わってきたことがこの一冊に凝縮され、流水さんの満点を取るまでのストーリーは至るところで感動があります。

この本で言われているように、同じ勉強法ではいつまで経ってもスコアアップは望めないのに、身に覚えのある勉強法ばかりやっていた感じです。今思えば、何となくは分かっていたけど焦りからただ量しかこなしていなかったように思います。
読み終えて何というか霧が晴れた感じで、まず最初の860の壁を超えるにあたってやるべきことが見えてきました。

そして、最後のエピソードにはグッとくるものがあり、考えさせられることがありました。
この流水さんのTOEICに対する思いが詰まった渾身の一冊は、この先ずっとTOEICという山の道標になってくれそうです。

スポンサーサイト
都会の山小屋 「喫茶穂高」
JRお茶ノ水駅から徒歩1分、昭和30年から続く山好きが集まる場所として有名で、この都心にそこだけ時間が止まったような喫茶店「穂高」があります。
選挙活動も終えて一息つきに寄ってきました。初めて訪れましたが、HNと同じ名前で親近感が沸きます。



山小屋の雰囲気を残した店の中はとても落ち着いた空間で、入った瞬間に居心地の良さが伝わってきました。JRの線路に面しているのでカウンター席からは駅が見え、アナウンスや発車音なども聞こえてきます。山の書籍や雑誌が置いてあり、山好きな人には最高だと思います。新田次郎さんも通っていて、奥の壁には彼のことばが掛かっています。



白髪で気の良さそうなマスターがカウンターでコーヒー豆を選別していました。
そして、本当にコーヒーが味わい深くて、マスターのこだわりを感じました。
お会計のときに話しかけると、とても嬉しそうに目を輝かせながら山の話をしてくれました。

近くに来た際はまた足を運んでみたくなる喫茶店です。


喫茶 穂高(きっさほだか)
東京都千代田区神田駿河台4-5-3
JRお茶の水駅駅聖橋口よりすぐ
[平日]  08:00 - 21:00 
[土曜日]  08:00 - 19:00
[定休日]  日曜・祝日



AGB総選挙に向けて⑤
最近は運動量が減っていることもあり、年末年始の飲み会もあったりと理想のバランスからは遠ざかっています。
このAGB総選挙を機にここでダイエット宣言することによって、自分を追い込んでプレッシャーをかけたいと思います。
2/28までに体重マイナス5kg、体脂肪マイナス3%を目標にします。

最近は落ち着きましたが以前はよく通販で筋トレグッズを買っていました。大きいもので言うと、エアロバイクやサンドバッグなど。だいぶ処分しましたが、最近はまっている道具を紹介します。

まずはこちら、

バーンマシーンスピードバッグ (The Burne Machine) バーンマシーン社バーンマシーンスピードバッグ (The Burne Machine) バーンマシーン社
商品詳細を見る

職場の筋トレマニアの人から聞いた格闘家ご愛用の「バーンマシーン」。これ、きついです。これだけで5kgあり持ち上げて30秒間回転させるのですが、3セット目になると上げるのもやっと。確かに筋肉も鍛えられ有酸素運動にもなりますが、きついです。


続いて、

Prohands グリップマスター プロハンド シルバー(エキストラヘビー)Prohands グリップマスター プロハンド シルバー(エキストラヘビー)

商品詳細を見る

クライミングで指を鍛えるために買いました。
血行もよくなりますし、Part3・4で自信を持って選択肢を選べる気がします(笑)


そして、

鉄人倶楽部(IRONMAN・CLUB) ウエイトリストボール IMC-72鉄人倶楽部(IRONMAN・CLUB) ウエイトリストボール IMC-72
(2012/12/12)
KAWASE(カワセ)

商品詳細を見る

よく店頭に置いてあり、初めて見た時はまったく意味が分からなかったのですが、やってみてこれはすごいと思いました。これ自体少し重いですが、中のボールを回転させることで信じられない負荷がかかります。ちょっとジャイロ・ツェペリになった気分です。(?って人はジョジョ7部を!)
GYRO.jpg

以上、選挙活動を兼ねて自己紹介をしてきました。
興味のない内容だったかもしれませんが、お付き合いくださりありがとうございました。
だいぶ話しが逸れましたが、トークとしては「TOEICと山」をテーマにお話ししたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

いよいよ、今日から投票開始です!
誰が当選しても聞いてみたい内容なので、後は結果を楽しみに待ちたいと思います。

AGB総選挙に向けて④
これまで文章ばかりの記事だったので今日は写真の話を。

写真が好きになったのも世界遺産がきっかけです。世界遺産検定を主催している世界遺産アカデミーに会報誌があるのですが、関係者の方から富士山の写真を求められて、数年前に撮った御来光の写真が表紙を飾ることになりました。

wha-18.jpg

この写真が好評をいただいたこともあり、それまでは単に何も意識せず直感でいいなと思った写真を撮るだけでしたが、その後は特に構図を意識して取るようになり、写真の世界にはまっていきました。

また、世界遺産アカデミーには会員証があり、そのデザインは毎年変わるのですが、2013年度は富士山の写真に決まりました。そして、富士山の写真を依頼されましたが、それまで全景を撮った写真はなかったので、何度か雪が積もる富士山の麓に通い詰めました。ベストな写真が撮れるまでタイミングを待ったり場所を変えたりと時間はかかりましたが、非常に楽しいひとときに思えました。

wha.jpg

これからも多くの山で日の出や雲海など山でしか見れない様々な情景を撮って、ブログで紹介していきたいと思います。

いよいよ総選挙も大詰めです。
明日はダイエット事情について書きたいと思います。(だんだん選挙活動から離れている気が・・・)

AGB総選挙に向けて③
流水さんとの出会いについては世界遺産がきっかけだと思っています。
世界遺産検定という試験があるのをご存知でしょうか。世界遺産についての知識や理解を深めるのを目的とし2006年にスタートして、現在は4級から1級、その上にマイスターという資格があるのですが、最近は大学入試においても認定者は優遇措置が取られたりしています。

流水さんと出会う前、この世界遺産検定を勉強していました。多くの世界遺産は見た目の凄さに圧倒されますが、その背景には歴史や地理、宗教、芸術、建築、自然科学など様々な分野が絡んでいます。自分にとって、どれも興味がある分野だったので、世界遺産を勉強することは好きな世界がどんどん広がっていく感じで、この検定は面白いと思っていました。

そんな中、世界遺産検定を勉強していた関係もあり、紹介で「TOEICを勉強しているサークルがあるけど興味ありますか」と声を掛けられました。当時は英語からは遠ざかっており、TOEICにも関心がありませんでしたし、貴重な日曜日に集まって勉強かぁ、とちょっと迷いもありましたが一回行って合わなければ止めようという感じで参加しました。

その日は、まさに「社会人英語部の衝撃」の出会いのシーンとなるのですが、約束の喫茶店でキョロキョロしていると流水さんに声を掛けられました。なにか人を惹きつける力を持った知的な感じの人だなぁというのが第一印象。そして、英語部でも流水さん、キャプテンをはじめとしたメンバーがあたたかく迎え入れてくれました。当時の英語部は今と比べてゆるかったとはいえ、勉強会での流水さんの講義は真剣そのもの。この濃い時間を体験したら、勉強会を続けることに迷いはありませんでした。そうしてTOEICの世界にはまっていくと英語部の勉強会こそが貴重な時間だったと思い知らされました。

その後も、2012年に立ち上げたThe BBBでもお世話になり、英語部もここまで拡大させ、まだまだ可能性を秘めた流水さんと英語部で活動出来ることを誇りに思います。本当にあのとき勉強会を断らなくてよかったとつくづく思います。勇気を出して一歩踏み出せば人生は変わることもあるから、「とりあえずやってみる」ことを心掛けたいと英語部に入って強く思ったわけです。やらないという選択はたしかに無難で安全ですが、その代わり何も起きない進歩のない人生になってしまいますからね。

明日は写真について書きたいと思います。

AGB総選挙に向けて②
今日は趣味などの紹介を。
「社会人英語部の衝撃」にコラムで掲載がありますが、TOEICを始めて4年弱ほど経ちます。それは流水さんと出会って英語部に入ったのがきっかけでした。

元々TOEICを知る前に英語には興味がありましたが、それは学生時代に言われたある一言がきっかけです。それは異国の地で言われた「Can you pray?」という言葉。そして、この後の衝撃の展開はぜひ2・28に紹介したいと思います。

学生の頃からよく一人旅をしてきました。「深夜特急」に憧れて、これまで訪問した国は約40ヵ国。ヨーロッパに行ったときは、今でこそ旅先で宿を探すカウチサーフィンなるサービスがありますが、当時は無理やり海外にメル友を作って泊めてもらっていました。こうして英会話に興味を持つけど、帰国して日常に戻ると徐々に英語から遠ざかる一方で、 英語部に入るまでは英語の学習が続きませんでした。

国内の旅も好きで訪問していない都道府県はあと5つ。特に自転車で東京から北海道の宗谷岬を目指したときは日本の良さ、人の温かさ、そして達成感を味わえて思い出深いものとなりました。

そして、TOEICを始める前にはまっていたものがあります。それは空手。ずっと興味ありましたが、なかなか始めるきっかけがないまま社会人になりました。あるとき引っ越しをしたら、なんと、目の前に極真空手の道場が!ついにきたかと迷わず入門しましたが、初日の稽古で上級者におもいきり頭に回し蹴りを食らって軽く脳震盪。
その後もアザが出来ない日はなく、合宿では失神寸前、試合では骨折など極真の厳しさを知りました。稽古に行くのはほんと気が重かったですが、やり終えたときの爽快感と自分に打ち勝った気持ちが最高なので続けられました。
TOEICでも隙間時間は有効ですが、このときも車にビール瓶を置いといて信号で止まる度にすねを硬くするため叩くなど、有効に?活用してました。
仕事の関係で5年程で辞めてしまいましたが、機会があればまたやろうと思っています。

空手もTOEICも続けることが何よりも大事でしょう。空手では体が勝手に反応するようになり、頭で考えなくても技を出せるし、受けも出来るようになってきます。TOEICに関しても英語を体に覚え込ませなくては上達はないので、日々精進しています。

趣味の話を長々と失礼しました(^^;
明日は流水さんとの出会いについて書きたいと思います。

AGB総選挙に向けて①
土日はセンター試験でした。
大学で勤務しているのでこの2日間は泊まり込みで運営にかかりっきりでした。特にセンター試験では受験生への対応もシビアで、不備がないよう常に緊張感があるので無事に終わってホッとしています。
そんな2日間でしたが、試験直前まで参考書で勉強している受験生達を見ているとTOEICの勉強にも力が入るわけです。

さて、AGB選挙活動がさらに盛り上がってきました。
前の記事では総選挙のスタートと漠然としたトークの内容をさらっと書いただけでしたが、投票日まで選挙活動を続けたいと思います。この企画を成功させる為にも、なによりも当選しなくては立候補した意味がないので、スコアとは別の視点で頑張ってみます。

旧英語部の一員として英語部の変遷を見てきましたが、本当に劇的に変わりました。詳しくは「社会人英語部の衝撃」にも書いてありますが、様々なパーソナリティーを持った人たちが英語部に入り、何を学んで何をしたいのかは、それぞれ違うところですが、面白い集団になったことは間違いありません。

自分としては、TOEICの学習記録を綴るのと登山が好きなこともあり、1年前にブログを始めました。頂きを目指していくという意味ではTOEICと山は共通してるので、目標のTOEIC900点達成と百名山登頂を達成するまでは続けていきます。

総選挙で選出されたなら、まだ話す内容ははっきり決まってはいませんが、TOEICと山の共通点を活かしながら、下記をテーマにお話しできればと考えています。
1.あきらめないこと
2.孤独と仲間

TOEICスコアに伸び悩んで勉強を諦めてしまう人も少なくありませんが、自分のTOEICと登山での経験を活かしてお話できればと思います。

投票開始日までまだ数日あります。投票が始まるまで自己紹介など毎日更新を行っていきますのでよろしくお願いいたします<(_ _)>

AGB総選挙2015開幕!
第16回英語部勉強会として、2月28日に向けてAGB(=英語部)総選挙が行われます。
英語部の中で講演者候補となっているメンバーに投票し、上位16名がトークするというこれまでに聞いたこともない企画です。前回、第15回勉強会「真夏の紅白TOEICトーク合戦」の最中に流水さんが思いついたのですが、まさか本当に実現するとは!
詳細はThe BBBサイトをご覧ください。

候補者リストを見てもすごいスコアの方ばかりです。さて、並み居る満点TOEICer達に紛れて、自分も僭越ながら立候補させていただきました。現在、TOEICスコアの壁をなかなか突破できず、正直、このスコアでのトークはTOEIC学習の参考になるかは疑問だと思います。

なので、トークするならTOEICと山の関連性。TOEICはよく登山に例えられ共通点も多いと思いますが、決定的な違いに気がつきました。それと、TOEICという山への想いをお話し出来ればと思います。
あと、他の候補者もおっしゃていますが、私も相当のダイエットをしてこの選挙に望みます!

1月23日からの投票開始となります。
多くのTOEICerの貴重な話を聞けるまたとない機会です。
皆さんで英語部を盛り上げていきましょう!

第197回公開テスト受験記
約2ヵ月ぶりとなる公開テストを受験してきました。
会場は前回に引き続き目白大学。80人ぐらいの広めの教室でスピーカーでした。フォームはメジャー。以下、Part別の感想です。

Part1 聞き取りにくいものもありましたが、消去法で全問いけたと思います。
Part2 意味の分からない質問が2問程ありました。
Part3 最初のセットでいきなり1問解答の根拠を聞き取れず、途中先読みのリズムも崩れて流れに乗れなかった感じです。
Part4 最後のセットがほぼ勘となってしまい、全体的にも出来は自信なし。

リスニングに関して、最近は「公式実践2」を使ってPart3、4対策はいい感じだったのですが、今回は手応えはいまいちです。やはり集中力にかかっていると痛感しました。

Part5 全体的に難しくは感じませんでしたが、勘で解答したものが数問。
Part6 高速で駆け抜けて、14:05にPart7へ突入。
Part7 SPの最後の方のアーティクル問題1セットを残し、DPを先に解きました。DPのそれぞれのセットで5~6分かかり、残りは4分。飛ばしたセットを解いて、ちょうど時間内に終わりました。メールが多かったのも解きやすかったと思います。
最近は、「公式問題集6」で複雑な構文や意味が取りづらい文章を毎日読んでいたので、自分としてはスムーズにいけた感じです。

総括として、リスニングが良くないのと、Part5対策が直前であまり出来ず結構落としたと思います。やはり、各Partを満遍なくやる必要があり、初見模試での対策など、特に直前1週間の計画は重要だと改めて思いました。次は約2ヵ月空くので、やることを明確にしてしっかりと対策します。

「その1秒をけずりだせ」
昨日は2014年12月の公開テストの発表でしたね。受験していないので一喜一憂できないのは寂しいですが、やはり実力はどうであれ受験したかったと思いました。そして、今日わかったのですが、今年は何回か公開テストの日が仕事と重なりそうであり、とにかく受験できる回に感謝しながら全力で受けたいと思います。
さて、新年早々の嬉しいニュースに親友のとらひこさんが公開テストで連続満点を達成されました。すごい勢いで今年も駆け抜けそうです。本当におめでとうございます!

箱根駅伝での興奮冷めやらぬまま、この本を読みました。
1sec.jpg

「その1秒をけずりだせ」

これは東洋大学駅伝部のスローガンですが、第87回大会で21秒差で早稲田大学に及ばず総合優勝を逃したのがきっかけで生まれました。21秒差。217.9kmを走って、わずか100m程の差。一人ひとりが1秒を短くしていたら・・・。このときの悔しさが次大会の総合優勝につながっています。これを読むと駅伝の奥深さと難しさがよく分かります。
なぜこの本を記事にしようと思ったかは、キャプテンが年末のブログ記事で1秒のこだわりについて書いていたから。Part5、6で1秒けずりだすことがPart7へのアドバンテージにつながりますからね。本番だけでなく日頃から1秒の大切さを意識したいです。

ちなみに、駅伝中に選手の後ろに運営管理車がついて監督がゲキを飛ばしていますが、この酒井監督はかなり激しかったです。昨年は、「中継車の方、もっと前にお願いします。これからスピード上げます。」と言っていました。これはもう頑張るしかないですね。

Copyright © TOEICと山の頂きを目指して. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ