芸術の秋 ~沖仁コンサート~

フラメンコギタリストである沖仁(おきじん)のコンサートで芸術に触れてきました。

彼は2010年にスペインで開かれたフラメンコギター国際コンクールで日本人で初めて優勝した実力者で、『情熱大陸』や『徹子の部屋』に出演してご存じの方もいるかと思いますが、多くのアーティストと共演したり幅広く活躍されています。コンサートに来るのは3回目ですが、いつもパワーをもらってきます。

フラメンコギターはその独特の弾き方に魅了されて、その昔ちょっとかじったことがあるのですが、久しぶりに本物の音楽に触れてきました。
ソロの演奏から始まって、スクリーンにスペインの写真が映し出されるのですが、それがギターを演奏していたり水辺の風景だったり、またモノクロということもあり、どれもPart1に出てもおかしくないもので一人にやけていました(^^;

ラスゲアードという右手の指で掻き鳴らすように弾くフラメンコ奏法は指の動きが見えず、その神がかった弾き方はいつ見ても鳥肌モノでした。

その後は歌い手、パーカッション、ベースと4人の演奏で盛り上がっていきました。演奏が終わると拍手と共に、「オレ(いぇーい)」「ビエン(いいぞ)」「グアポ(かっこいい)」などの掛け声をかけるのも楽しめます。観客は楽器のリズムに手拍子で応え、会場内が一体となれるのも沖仁のコンサートの魅力でもあります。

今回のツアーでは弾きませんでしたが、フラメンコとクラシックをアレンジしたような心地よい曲も弾いています。



芸術の秋を堪能し英気を養ってきて、ここでもう一度TOEICへの気を引き締めたいと思います。残念ながら12月の公開は受験出来ませんが、前の週の青山IPは申し込んでいます。仕事の関係で受けられるかはまだ微妙ですが、準備だけはしっかりとしておきます。

スポンサーサイト

第195回公開テスト受験記

会場は目白大学で電車で行くつもりでしたが、外が穏やかな秋空で気持ちよかったので自転車で行きました。会場までは時間的な余裕もあったので近くの哲学堂に寄りました。
哲学堂とは東洋大学の創設者である哲学者の井上円了氏が独特の哲学思想をもとにつくった社会教育のための公園で、幽霊の木彫りがある妖怪門、宇宙館など一風変わった建物が建っています。ベンチでリスニングを聞いていつもよりリラックスして会場に到着出来ました。



会場は30人程の小教室で席は一番前でした。フォームはメジャー。この広さの教室でスピーカーだったので音声は問題なし。
Part1 特に難しく感じた問題はありませんでした。
Part2 音声も意味もはっきり理解出来ているのに、答えに迷う問題が数問ありました。
Part3・4 先読みが大きく崩れることはありませんでしたが、イメージ出来ない問題が数セットありました。

Part5・6 あまり焦らないように解いて、14:05にPart7へ。
Part7 素直にSPから解き始めました。順調に解答出来ていましたが、中盤から読み込ませる問題が増えきたので出題者の意図を汲み取ることを心掛けながら進めました。SPの最後のセットを飛ばしてDPへ。DP3セット目が終わって13分程余っていましたが、最後のパーキングの問題が難しかったです。じっくり読みたいところでしたが、残り5分でSPの最後のセットへ。時間ないにギリギリ解答出来ましたが、最後の方は確実な根拠が分からずマークしたのでちょっと悔いがあります。
前回のテストよりは意味も取りやすく時間もありましたが、まだまだ読解力不足を感じたので次の公開(1月)に向けて対策します。

初めての試験会場

早いもので11月の公開テスト間近となりました。
ここ数回の試験会場は法政大学(多摩キャンパス)が続いていて、ある程度覚悟は出来ているのですが、受験票が届くなり「またかぁ」とちょっと落胆していました。というのも電車とバスで行かなければならない為、会場に到着するまで少しストレスがあるのと試験後に都心まで出るのに時間がかかるのがネックだからです。また、教室もだいたい大教室か非常に狭い1個机の教室のどちらかで、教室番号の掲示前で確認する瞬間は緊張します。

ということで今回は気分を変えて実家の住所で申込み、先日確認してきたところ会場は目白大学でした。行ったことはないですが、小さい頃よく行っていた哲学堂の近くなので地理的には問題ありません。初めての会場なのは楽しみですし、いつもとは違う気分で受験出来そうです。

正直、十分な試験対策が出来ているとは言い難いですが、RCは400の壁を突破できるように頑張ります。先日、Rabbitさんが興味深い記事を書いていました。読めているつもりでも出題者の意図が分かっていないと悲惨な結果になってしまうわけです。有り難いことに治療法まで書いているので、ここ数日試してみましたが弱点がはっきりしますね。この弱点克服には時間がかかりそうですが、試験後も地道に続けていきたいと思います。

とにかく明日は今年最後の公開テストとなるので何とか一矢報いたいです。出来る限り特急シリーズ、千本ノックシリーズは一周して臨みたいと思います。今回受験される皆さんも頑張りましょう!

第194回公開テスト結果

10月公開テストの結果です。

795(L430 R365)

残念ながら800を切ってしまいました。手応えからしてスコアダウンは覚悟していましたが、この結果を真摯に受け止め向き合っていくしかありません。
11月の公開も今度の日曜日に迫ってきました。今年受けられる最後の公開テストとなるので、悔いのないよう今ある力を全て出し切ってきます。

公式問題集Vol.6発売

TOEICer達の間で話題になっている公式問題集Vol.6が昨日、発売されたようです。前問題集から2年半ぶりぐらいでしょうか。

TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>
(2014/11/12)
Educational Testing Service

商品詳細を見る

先日、ある英語学習者の方で手持ちの問題集を全問正解するまで次の問題集は買わないという内容の投稿を見て、「はっ」としました。自分の書棚を眺めて1冊でも全問正解までやりつくした問題集はあるのかと反省しました。

そして、まずはVol.5を全問正解するまで買わないと決めて改めて解き直しました。解いては間違えた問題を復習して、何度も全問トライしますが、後2~3問がなかなか正解できません。
同じ問題だとかなり飽きてきますが、もちろん正解を選べるだけでなく、語彙、文法事項、正解の根拠なども復習していくので身に付くのが分かります。よく1冊の問題集を徹底的にやり尽くすことが効果があると言いますが、こういうことなんだと改めて思いました。最近はあれこれと参考書を買っていたので、少し忘れていた感覚でした。
全問正解までにはまだかかりそうで、Vol.6を買うのはまだちょっと先になりそうです。

最近は喉を痛めたり仕事も時間に追われていましたが、この歌を聞いて元気をもらっていました。聞き心地がよくて前向きになれます!



リトアニア大使館セミナー

定期的にある世界遺産アカデミー主催の特別セミナーですが、今回は麻布にあるリトアニア大使館で行われました。六本木から歩いて行きましたが、満月とイルミネーションが綺麗でした。大使館は路地の中にあって少し分かりにくかったですが、開始時間前には到着出来ました。


リトアニアというとバルト三国のひとつで首都ヴィリニュスが世界遺産になっているぐらいの知識しかなかったのですが、今回のセミナーで性格が日本人に似ていたり、色々な面でとても親近感が湧きました。(現在は4件の世界遺産が登録されています)

map_lithuania.jpg

歴史を振り返りましたが、ドイツ、ソ連から侵略を受けた暗黒の時代を経て1990年にソ連から独立し、杉原千畝がユダヤ人を救ったカウナス日本領事館は今では記念館として一般公開されています。

リトアニアは16C 頃カトリックが浸透しましたが、古くから自然崇拝を行っており日本の神道にも通じるものがあります。ちなみに、リトアニアで第2の宗教と言われているものがあるそうです。答えはなんと「バスケットボール」。「え?」と思いますが、それほど盛んでオリンピックでもメダルを取るほど強豪なのです。

また、「あまちゃん」で有名な岩手県久慈市がリトアニアのクライペダ市と姉妹都市になっているのは意外でした。それぞれ琥珀が取れることで繋がっているとのこと。

講義の後は立食形式でリトアニア料理を堪能しましたが、有名なのは「シャルティボルシェ」と言うピンクのスープ。ビーツ(赤カブ)とバターミルクを混ぜたスープで飲むのにちょっと抵抗がありました(^^;


久しぶりに世界遺産に触れ、いい気分転換になり交流も広げることが出来ました。大使館もそれぞれ個性があって面白いです。過去にはこちらの大使館にもお邪魔しました。
キューバ大使館
エチオピア大使館(画像が見れない・・・)

また機会があれば参加してみます。

鎌倉アルプス

連休中も仕事があり不規則でしたが、合間を縫って鎌倉に行ってきました。鎌倉というと海のイメージがありますが、結構ハイキングコースが充実しています。今回は北鎌倉の建長寺から瑞泉寺までの天園ハイキングコースを歩いてきました。
kamakura_map.jpg

スタートは北鎌倉から15分程歩いた建長寺。北条時頼によって創建された禅宗寺院。
kencho-ji.jpg

kencho-ji map

ヒメツルソバのピンクの絨毯を通って、長い階段を登っていくと烏天狗が立ち並びます。
その後は結構本格的な山道が続きます。



コケの道が多くて森林浴が楽しめます。
P1020991.jpg
天園の別名は「六国峠」。武蔵、相模、上総、下総、伊豆、駿河の六国が望めたことからその名がついたとのことです。気軽にハイキングが出来て、街と自然と寺院が楽しめる鎌倉は何度でも来たいところです。

今回の山歩きに小さめのザックで行ったのですが荷物を詰めようとしたら、ずっと探していた「900点特急」が出てきました。2冊目を買おうか迷っていたとこなので、久しぶりの再会を喜び早速解きまくりました。

プロフィール

穂高

Author:穂高
百名山登頂とTOEICスコア900を目指しています

The BBBのfacebookで「Japanese 100 Great Mountains」連載中

https://www.facebook.com/
thebbb.net

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク