皇居ラン

前から皇居の周りを走ってみたいと思っていましたが今日実現させて来ました。皇居の近くで仕事だったので駐車場に車を止めて、勤務後に車で着替えてランナー姿になり行ってきました。皇居ランは人気があるとは聞いていましたが、こんなにもランナー達が走っているとは!
走るにはちょうどいい気候で、一周約5kmをマイペースで走ってきました。ハロウィンで仮装した人たちも走っていたこともありますが、夜の都心のランは走りやすくて楽しめました。
kokyo-run.jpg

久しぶりのランニングだったので無理はしませんでしたが、やはり途中で歩いてしまうと再び走り出すのによりエネルギーが必要です。これはTOEICにも共通していること。公開テスト後に気を緩め過ぎると勘が鈍るので、11月に向けて気を引き締めていきます。

今週からPart7対策としてこちらをやり始めました。HUMMERさんの回答実況中継があるので、解き方が非常にクリアになります。ドリルはまだ少ししかやっていませんが、しっかり読んで内容を理解していないと間違いを誘う良問揃いだと思います。しっかりとやり込んで11月の公開テストに備えます。
AERA English (アエライングリッシュ) 秋冬号 2014年 11/1号 [雑誌]AERA English (アエライングリッシュ) 秋冬号 2014年 11/1号 [雑誌]
(2014/10/24)
不明

商品詳細を見る

スポンサーサイト

第194回公開テスト受験記

ブログ更新が遅くなりました。というのも昨日は答え合わせの後の打ち上げで、とらひこさんの満点をお祝いし大いに盛り上がり、久しぶりにかなり飲んで帰宅が深夜になり、ブログ更新が間に合いませんでした。
とらひこさんとは、comchanさんと懇親会をたまに開き、お互いの目標を確認してましたが、一足先に満点を実現されました。本当におめでとうございます!!

以下、公開テストの感想です。
会場はここ連続している法政大学多摩キャンパス。メジャーフォーム。
教室は横に長い大教室で机の広さは良かったですが、音声はラジカセです。席は真ん中の一番後ろで、音声テストのとき音が小さく感じましたが、案の定他の人が言い出して最大のボリュームになりました。

全体の感想としてここ数回で最も難しく感じ、感触も良くありません。
Part1:ハンマーとバケツの写真でハンマーを選びました。正解が分からないのはこの一問ですが、他の写真も2問程怪しいのがあり悩みました。ハンマーの1ミスかどうかというところ。
Part2:会話が長目の設問が多いうえに消去法でも選びにくいものがあり、5~6問は自信がありません。
Part3:選択肢が長くて中盤で思い切り先読みのペースが崩れました。途中で元のペースに戻せましたが、リスニング対策不足を強く感じました。
Part5:答え合わせで予想以上に間違いが発覚。
Part7:今回は初めてDPから解いて時間のあるうちに解き終えた安心感はありましたが、SPの最後のセットは塗り絵となったので、いずれにしろ読解の速度と精度に課題ありです。

答え合わせ後の打ち上げで、英語部でもDPから解いている人が結構いました。他にもSPの中盤まで解いて、DPを終えてSPの後半を解くという方。それぞれです。確実な読解力があれば普通に最初から解いていくのが理想だと思いますが、Part7の解き方は課題であり、試行錯誤して早く自分の型を確立させなくては。

11月の公開まで1ヵ月ありませんが、しっかりと対策したいと思います。

第193回公開テスト結果

9月公開テストの結果です。

815(L435 R380)

前回よりダウンしてしまいました。印象としてPart3の出来が悪かったのと、Part7で明確な根拠が見つけ出せなかった問題が多かった感じです。今の実力ではRの400の壁が本当に手強いですが、そうも言ってられず今度の日曜に迫った10月公開に向けて落ち込んでいる暇はないので、気持ちを切り替えて頑張ります。可能な限り使える時間をTOEIC対策に充てたいと思います。

トーイックの日

誰がいつからそう呼び始めたのかは分かりませんが、本日10月19日はトーイックの日であります。ということでRabbitさん主催の「TOEICを愛する者達の集い」に参加してきました。昨年はブロガーのみの参加だったということもありまだブログを開設してない自分は知りませんでしたが、今年の参加条件はブロガーでなくても"TOEICを愛する人"だったのでより多くの方と交流することが出来ました。

参加者は40人程で平均点は軽く900点を超えていると思われます。そんな900点ホルダーの方々からTOEIC受験の動機や受験歴、勉強方法を教えていただきとても参考になりました。
旧TOEICから受けられているMelmoさんや第2回TOEICを受験された方からは当時の問題や難易度について話しを伺うことが出来ました。8月の英語部勉強会でお会いしたHANAさんからは独特のリスニング対策を聞いたので早速試してみたいと思います。また、ブチブッチさんとは初めてお会いしましたが、最近山に登り始めたということでTOEIC以外にも山の話しで盛り上がりました。そして、衝撃的だったのがTOEIC初受験で満点を取られた方とお話しする機会があり、凄い方がいるものだと大いに刺激を受けました。
昨年、清涼院流水さんが歴史的名言を残したこのイベントですが、今年も感動的なスピーチをしてくださいました。素晴らしかったです!

一人ひとりのTOEICに対する思いや目標は違っていても、TOEICを通じて交流が出来て自分を奮い立たせてくれるような出会いがあり、TOEICを続けてきてよかったなぁと思える一日でした。

最後に、このような交流の場を企画していただいたRabbitさんには感謝申し上げます。
本当にありがとうございましたm(_ _)m

第91回箱根駅伝予選会

今年も箱根駅伝の予選会が立川の昭和記念公園で行われました。
1月2日、3日に行われる箱根駅伝で10位以内に入ってシード権を獲得出来ないとこの予選会で本戦への出場権を獲得しなければなりません。

20kmのコースを各大学10~12人のチームで一斉に走り、上位10名の合計タイムが少ない10校が予選突破となります。本戦とは異なり追い越す対象となる選手は見えませんが、まさにチームの総合力が試される戦いとなります。

今年は出場資格記録が設定された75回大会以降最多の48校がエントリーし様々なドラマがありました。出場権を獲得された大学は本戦でもシード校を脅かすように健闘してもらいたいです。

91hakone-yosen1.jpg

プラチナ週間

今週は英語部の方も既に取り組んでいるHUMMERさんの新刊を購入し、こちらを中心のTOEIC対策となり一周終えました。

TOEIC(R)テスト英文法 プラチナ講義TOEIC(R)テスト英文法 プラチナ講義
(2014/10/03)
ジャパンタイムズ

商品詳細を見る

日韓で発売されているETSの公式問題集を徹底的に分析して作られた、まさにプラチナの参考書。TOEICに狙われるところを中心に必要最低限の文法知識が分かりやすく解説してあります。自分の中で怪しかった文法項目が整理出来て、文法知識の隙間が埋まった感じです。掲載されている問題は誤答は許されない基本的なものばかりです。後は復習を重ね知識を固めていきます。各章の最後にはプラチナセンテンスが載っているので、試験直前にここを速読するだけでもいい仕上げになりそうです。

また、今週はしばらくぶりに「プラチナ5000」も復習もしました。こちらは場面毎に単語を覚えられるので、ストーリーを楽しみながら語彙が増えるのを実感できます。

イラスト&ストーリーで忘れない TOEIC(R) テストボキャブラリー プラチナ5000(CD-ROM MP3付き)イラスト&ストーリーで忘れない TOEIC(R) テストボキャブラリー プラチナ5000(CD-ROM MP3付き)
(2013/10/01)
ジャパンタイムズ&日本アイアール

商品詳細を見る

10月の公開まで2週間と迫ってきましたが、来週は初見模試とやり込んだ模試をバランスよくやっていきます。

今月の日経トレンディは英語三昧

キャプテンcomchanさんのブログ記事で知りましたが、今月の日経TRENDYはTOEIC特集。しかも清涼院流水さんとHUMMERさんが執筆していますし、他にも英語に関する情報が満載なので台風18号直撃の中、通勤途中にコンビニでゲットしました。

通勤中はざっと目を通して、帰りにラーメン屋でじっくりと読みました。
TOEIC初心者向けに基礎知識が紹介されていて、自分にとって特に目新しことはありませんでしたが、流水さんのレベル別の勉強法は非常に参考になりました。900超えを目指す今の段階では、量と質、そして復習をしっかりやることが重要とありますが、前回の公開テスト後に強く感じていたことで、この辺を踏まえた日々の学習の仕組み作りにちょうど試行錯誤していたとこでした。

そして、スコアが伸びない「トホホ学習法」も紹介されており、自分ではそんなつもりはなくても意外と陥りやすいことなので、改めて客観的に学習法を振り返る必要性を感じます。
また、HUMMERさんが作成された文法問題30問はまさに頻出といったものばかりで、最低でもこれだけは完璧に解けなくてはなりません。解説もシンプルで分かりやすいです。

Part7はHUMMER式が簡単に紹介されていました。先週から「究極のゼミ Part7」を解いてますが、前回やってからしばらく時間が空いてしまったので新鮮に感じ、いいペースで進んでいます。ですが、やはり塗り絵をなくすには本番の感覚で練習する必要があるので、ここにも紹介されている55分で解き切る演習は欠かさないようにしていきます。



10月公開テストに向けて

今日から10月となり今年も残すところ後3ヵ月、10月の公開テストまでも3週間ちょっとしかありません。時間が経つのは年々早くなっているように感じられますが・・
今回の公開ではPart3で内容がイメージできないセットがあったので、次回に向けては100%理解しているセットを速い速度で聞くのと同時に韓国模試を使って初見の問題演習も毎日欠かさずやっていきます。

また、リーディングはPart7がどうしても時間との戦いになるので、精度と速度を上げるためにももう一度この本をやり込みたいと思います。この「究極のゼミ」は設問と選択肢のタイプ別で分けられているので弱点が分かりやすいのとレベルの異なるゼミ生との対話形式からもヒントが得られるのでお気に入りの1冊です。

TOEIC(R)テスト 究極のゼミ Part 7 (別冊模試・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)TOEIC(R)テスト 究極のゼミ Part 7 (別冊模試・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)
(2012/12/01)
ヒロ前田

商品詳細を見る

それと、Part5対策も仕切りなおして皿回しを始めます。あまり欲張り過ぎても消化しきれないですが、今月の試験までは短期間なので一日のノルマを確実にこなしていきたいと思います。

プロフィール

穂高

Author:穂高
百名山登頂とTOEICスコア900を目指しています

The BBB(facebook版)で「Japanese 100 Great Mountains」連載中
※毎週木曜更新

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる