今日は何の日 ー 地球一周の日
先週一週間は気候も温かく風も強い日があり、花粉症の症状もピークに達し、医者でもらった目薬をしてもかなり痒くて、こすり過ぎて目が充血した日を過ごしていました。本来であれば何か新しいことを始めたくなる季節でワクワクしてたはずが、花粉症になってからは憂鬱な季節になってしまいました。この時期、コンタクトレンズを入れるのが苦痛で数年前にレーシックをした程ですが、目の痒みには毎年苦しんでいます・・・

そんななかTOEICを来週に控えて、ほぼ「公式問題集」と「でる1000問」に絞って対策しています。ところで、偶然今日が「世界一周の日」だということを知りました。(1967年、日米航空協定により日本航空の世界一周路線が営業開始した日だそうです。)15年程前になりますが、ピースボート地球一周という船旅に行ったときのCERTIFICATEがあったなーと思って探し出してみました。一周の定義はよく分かりませんが、このときは17、8ヵ国に寄ったのだと思います。途中色々と航路が変わりましたが。


当時はよく一人旅をしていましたが、安く地球一周が出来るというので3ヵ月近く船旅をして来ました。当時はあまりデジカメも普及してなくフィルムカメラだったので現像代で2万円以上かかったのを覚えています。そのうち、写真を探し出してその頃の旅を振り返って記事にしたいとも思いますが、今週は特に花粉対策を万全に日曜日に備えたいと思います。

スポンサーサイト
Welcome to JAPAN
以前よく海外を旅してた頃、英語の勉強になるだろうと何人も海外にメル友を作っていました。その頃はまだFacebookなどはなかったですが専用サイトで好きな国に簡単に作れました。英語の表現も勉強になるし、その国の文化を知れたり、海外に行ったときは家に泊めてもらったりとそれは世界が広がりました。

それも10年以上も前の話で、そんなメル友もいつしか連絡が途絶えがちになり自然消滅となっていきました。そんな中、唯一繋がっていたメル友から母親を連れて3日後に東京に来るといきなり連絡がありました。唐突過ぎると驚きましたが、もういつ会えるか分からないので可能な限り予定を変更して東京案内をすることになりました。(公開テストの日でなくて良かった)
bali.jpg
こちらの国からやってきました(答えは最後に)

まずはアジア会館にお迎えに。ここは知りませんでしたが、外国人向けのホテルでロビーに英語のガイドが山ほどあったので参考にいくつかいただきました。ついにご対面となりましたが、最近はFacebookで繋がっていたこともあり、会ったときはお互い驚くほど自然体でした。それにしても、こうして会えたのは感激としか言えません。

いくつかプランを考えていましたが本人の要望や時間を考慮して、まずは増上寺へ。自分も行くのは初めてですが、東京タワーもよく見えるし意外と空いているので外国人を案内するのにはいいスポットだと思います。

何も準備してなかったので十分な説明は出来ませんが、手水舎から知ってる範囲で簡単な英語で説明しました。しかし、お寺と神社の違いなど説明するのに苦戦したり、まずしっかり日本の事を説明出来るようにならなくてはと思いました。

皇居の前を通ったときは、とっさに英語が出てこなくて、Emperor's Houseと言うのがやっとでした。後で調べたら、そうでしたImperial Palaceでしたね。

お昼はラーメンが食べたいという希望に応えて、偶然見かけた行列のお店に飛び込みました。

海苔は苦手なようでくれましたが、後は美味しく全部食べていました。ここではラーメンとつけ麺の違いを聞かれて説明しましたが、食べ方以外に何が違うのと聞かれて困ってしまいました。後はもう好みでしょうか。

続いて、外国人ガイド定番のお台場へ。
お目当てはやはりガンダム。日本アニメの海外での人気はさすがと思う程、外国人の観光客で賑わっていました。


その後、どうしてもこれが飲みたいということでこのお店へ。
dinner06.jpg
抹茶ビール!よく調べてくるなぁと感心しました。しばらくまったりとお互いの国のことなど話しました。伝わらないときはスマホで画像を見せれば良いので気楽に話せました。

これから富士山に寄って関西を目指して、まだまだ旅行を続けるとのことで日本を存分に楽しんでもらいたいと思います。外国人に日本を案内するのは自分が勉強しなくてはならないし相手を喜ばせようと色々考えて、普段のTOEIC学習とは違った充実感がありました。これを機に日本のガイドの勉強もしていきたいと思います。

お土産はインスタントのミーゴレン。ということでインドネシアからの来日でした。


なぞなぞ
昨日、平年よりも数日早く関東地方も梅雨入りしたようです。また今年は梅雨明けも遅いという予報が出てるようですが、TOEIC勉強にはもってこいの時期だと思うので、公開テストまで約2週間、復習と初見模試をバランスよくこなし、全パートをしっかりと対策していきたいと思います。

さて、6月1日は今年で60回目の八ヶ岳開山日で麓まで行ってきました。今年はイベントも多く、久しぶりに八ヶ岳にも登ってきたいと思います。
P1020607.jpg

梅雨といえば北海道には梅雨がないと言われますが、まだ20代のとき東京から自転車で北海道の最北端の宗谷岬を目指して走ったことがあります。到達したのが6月でしたが、本当に気候が良くて快適に走れたのを覚えています。

東京を出てから宗谷岬までは約2週間かかり、帰りは北海道をブラブラと巡って1ヵ月ぐらい行ってました。道中の宿はユースホステルに泊まっていましたが、北海道のユースはユニークでいろんな旅人と交流できて面白かったです。外国人も多く、ドイツ人、フランス人、台湾人、韓国人と知り合いが出来ました。

そんな中で、「自転車で走ってるときに考えて」となぞなぞを出してきた人がいました(もちろん日本人ですが)。このなぞなぞです。
「豚の夫婦が別れ話をしていました。そのときに食べていたお菓子はなんでしょう?」

次の日、走ってる最中にずっと考えて分かりました!おもわず感動するぐらいよく出来ているなーと思いました。今ならネットで検索するとすぐ答えが出るようですが、まだ知らない方はぜひ自力で考えてみてください。分かったとき感激すると思います(^^)

『深夜特急』
引き続き断捨離を続けていますが、今回DVDも相当売りました。感動した映画や名作は手元に置いておきたいと思って買い集めましたが、結局特典映像を見るぐらいで、だんだんスペースも占領されてきたのでスッキリさせました。

その中に『劇的紀行 深夜特急』もありましたが、これは売れませんでした。作家の沢木耕太郎がインドからイギリスまでを旅した紀行小説を大沢たかおが主演してドラマ化にしたものです。

劇的紀行 深夜特急 [DVD]
ソニー・ミュージックディストリビューション (2002-03-20)
売り上げランキング: 17,467

小説はバックパッカーの間でバイブル的に扱われるようになったようです。自分は小説を読んで、このDVDを見た後、実際にインドに行きました。到着したデリーでは想像以上に散々な目に遭ったのですが、今ではいい経験が出来たと思い出になってますし、その後の一人旅の免疫になりました。

タージ・マハルに感動し、お腹を壊しながらもガンジス川のあるバラナシ(ベナレス)に到着しました。ドラマの中で大沢たかおがここでインドの少年と交流するシーンがあるのですが、ある少年が近づいてきて自分はそのドラマに出ていた少年だと言って、お土産を売りつけてきました。

これもきっと客引きの手口だろうと思っていたのですが、少年が一枚の写真を取りだすと確かに大沢たかおと一緒に写っている少年がいました。一応その子の写真を撮って日本に帰ってからドラマの少年と見比べましたが、どうも怪しい。ドラマ撮影から何年も経っていたし、きっと多くの少年が同じ写真を持っているんだろうなと思っています。

というわけで、思い出のあるこのDVDは残しておきます。

Copyright © TOEICと山の頂きを目指して. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ