POLESTAR English Course Ⅰ
amazonでテキストを買いましたが、TOEICの教材ではありません。
polestar.jpg
これは高校の英語の教科書です。

なぜ買ったのかと言いますと、使っている人は多いかと思いますが、Studyplusという勉強SNSがアプリであるのですが、そこに勉強した教材と時間を記録すると同時間にアップした人の教材も分かります。
中高生で使用している人も多いのですが、ある時、自分がアップした前のユーザーが「英語の教科書で星野道夫のストーリーを読みました」とコメント付きでアップしていました。
なんと、自分の好きな星野道夫氏が英語の教科書に出ているんだと無性に読みたくなり、amazonで中古で買ったというわけです。

星野道夫氏はご存知の方も多いと思いますが、自然や動物の写真で知られる写真家であり、詩人でもあるのでその作品は本当に写真もことばも美しく心が洗われる感じがするので、癒されます。





高校の教科書を読むのは、当然、高校卒業以来ですが、読んでみると面白い!分からない単語もなくスラスラ読めるし、英語の教科書がこんなに楽しいのかという新たな発見がありました。英語の教科は担当の先生によるところも大きいですが、当時こんなに読めていたらどれだけ英語が好きになっていたかと思います。

星野通夫氏のストーリー以外にも興味深い内容が載っていて、ボキャブラリの確認にも速読の演習にもなるので、TOEICの息抜きには最適だと思いました。

スポンサーサイト
英語で広がる世界
先日、The BBBから自分の記事が刊行されました。もちろん多くの方に読んでもらいたいと思いますが、自分のブログで紹介するのは気が引けていたところ、英語部の親友のとらひこさんのブログで紹介していただきました。
流水さんとのインタビューから1年近くかかっての刊行となり、インタビューから英訳して完成となるまで本当にお世話になりました。記事は流水さんに英訳していただいたわけですが、あまりの速さと素晴らしさに感激しました。ぜひ英語でも読んでいただければと思います。

インタビューの中で外国人とメル友を作った話がありますが、何人かの方からそのサイトについて聞かれたので紹介したいと思います。こちらのサイトです。(もちろん無料)

同様のサイトはいくつもあると思いますが、このサイトは日本に興味ある外国人が登録していて、好きな国を選んで年代、職業などを選ぶと自己紹介している人たちが表示されるので、気の合いそうな人にメッセージを送って交流していきます。
世界中の国に簡単にメル友が作れて、メールのやりとりする中で英語の勉強にもなっていたので、一時期すっかりはまっていました。当時は空手を習っていたので、空手に興味を持っている外国人と盛り上がったり、日本に遊びに来た外国人から誘いが来て飲みに行ったり、本当に世界が広がっていくのを感じました。

そして、自分が海外に旅をしたときは実際に会って初対面の方にお世話になったり、いい思い出となっています。旅の話は沢山エピソードがあるので、また追々書いていきたいと思います。

とにかく英語を使えば確実に世界は広がることを身をもって体験したので、これからももっと英語に触れて世界を身近に感じたいです。

センター試験の英語を解く
先週末、センター試験がありましたが、大学に入ってから、ましてや社会人になってからは解くことはありませんでした。
ここ数年、英語に関してはTOEICの勉強しかしていませんでしたが、今解くとどんなものかと何十年ぶりにセンター試験の英語を解いてみました。

率直な感想としてはこんなに量が多かったっけと思いました。確かに時間は80分とかなり長いですが、受験生にしたらTOEIC並みに大変ではないでしょうか。そして、言い換え問題やPart7に出てもおかしくない問題もあり、結構レベル高いなぁと思いました。

文法問題はほぼ大丈夫でしたが、いきなり発音問題で間違えました。TOEICでは出ないですが、リスニングがある以上、発音を落としていたらアウトですね。
文脈問題も油断したら間違えてしまうような良くできた問題だと思いました。最後の長文は相当長いですが、内容は取りやすくスラスラと読めます。しかし、その分しっかりと内容を把握していないと、選択肢がよく出来ているので悩むことになります。

今回解いてみて、センター試験は英語の総合力が問われているので、本当に基礎がしっかりしていないと解けないと実感しました。

平成26年度のセンター試験問題はこちらから見ることができます。
TOEIC対策ばかりしてましたが、受験当時を思い出し、いい気分転換になりました。
何よりも試験問題に書き込みが出来るっていうのは新鮮(?)で解きやすかったです。

Copyright © TOEICと山の頂きを目指して. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ