スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明治IP結果
先日受験した明治大学のIP結果が届いてました。オレンジ色の封筒なんですね。結果は830(L455 R375)と久しぶりの旧TOEICでもベストは更新出来ませんでした。

やはり新形式だけに捉われる前に確実に従来の問題形式で正解していかないことにはスコアアップは臨めないと痛感しました。

次の公開テストは9月の受験となりそうで、あと2ヵ月のプランを練っていきます。IPが旧形式のうちに機会があれば受験したいです。

スポンサーサイト
初めての明治IP
※ 現在このブロマガコンテンツの販売は停止されております。
他の販売設定されているコンテンツはお楽しみいただけます。
ブロマガ一覧はこちら
ブロマガって何?
青山IP結果

先日、受験した青山IPテストの結果が届きました。

830(L445 R385)と前回からあまり変化のないスコア。試験の運営がおそまつだったとはいえ、この結果を真摯に受け止めて次に繋げていきます。次は3月の公開テストになりそうです。


先日、息抜きに読み始めたこの本が面白くて一気に読んでしまいました。

言わずと知れた植村直己氏ですが、主な業績は知っていてもアメリカ、フランスでのバイト時代、アマゾン川のイカダ下りなどは初めてしりました。気取らない文章はユーモアがあり、痛快で彼の人柄が伝わってきます。なぜ単独登山で頂上を目指すのかは非常に共感するところがあり、改めて偉大な人だと思い、彼のチャレンジ精神には胸が熱くなりました。


1月の公開テストはまた仕事と重なり受けられませんが週末から天気が荒れるようですので、受験される皆さん道中気を付けてください。ご健闘をお祈りしています。

青山IPテスト受験記
久しぶりのTOEICで、2016年初のテストは青山IPでの受験となりました。気持ちのいい晴れた空でしたが、日中もかなり冷え込んでいました。渋谷に着くと何やらハチ公前に人だかりが出来ていました。みんな写真を撮っていて、しめ縄ごときでこんなに集まらんでもと思いきや、近付いてみると股の間にネコが!なるほど、人気なわけです。


青学といえば今年の箱根駅伝で2連覇を成し遂げましたが、正門横には駅伝部のポスターがでかでかと貼ってありました。今年も箱根駅伝の応援に行きましたが、どの区間も最高の走りを見せていました。他の大学からすると、あれだけ差をつけられての繰り上げスタートは無情でしたが、それも箱根駅伝の面白さでもあると思います。

ポスターには「誰より苦しんだから、誰より楽しめた。」とのことばが。

さて、肝心のTOEICはというと、とんだハプニングでの試験となりました。 まず、席は真ん中の後方で音声テストのときは音量も問題ありませんでしたが、いざ試験本番の時間となりCDを再生するとパート1のディレクションで音飛びが始まり、何回か試してみるも同じ症状です。そこで、試験管が発した一言は、「リーディングパートを先にやります」でした。会場がどよめき、中には怒って帰ってしまう人もいて、その間にパート5を解いている人もいたり、そんなバタバタした状態で始まりました。

パート5・6は20分程かかり、パート7で山に関する問題が出て内容も面白そうだったのですが、詳細がつかみにくく設問も難しく苦戦しました。DPの後半のセットでも時間がかかり、塗り絵はSPのラスト4問程でした。

やっと終わったと思った後に、今度はリスニングだったので何だか調子狂いました。しかも、試験管からまたも驚きの発言が。「この後、チャイムが鳴りますが、音量を最大にして始めます。」というものでした。しかもパート1で正解を言ってるときにチャイムが鳴ってしまい、その後、パート3の会話の最中にもう1度チャイムが鳴り、散々なリスニングでした。 ラジカセを変えたらしく、特にパート2がかなりこもって聞こえ、出だしの単語がうまく聴き取れないのが数問ありました。パート3・4はリズムよく解けましたが、所々集中力が欠けてしまいました。

久しぶりのTOEICでしたが、かなり荒れたTOEICとなりました。こんなときでも平常心で受験できるようになりたいものです。
次は3月の公開テストとなるので、気を取り直してしっかりと準備をしていきます。

青山IPテスト結果(と青の洞窟)
12月の青山IPの結果が届きました。

810(L430 R380)

というスコアで、情けないことに今年1月に受けた一発目の青山IPと同じ結果でした。
Lが予想以上に悪かったです。Part1・2は全問正解に近かっただけに、Part4で聞き取れなかったことが悔やまれます。Rは読解力よりも語彙・文法のアビメが低かったので、400の壁を越える為にもここは徹底的に強化する必要があります。

今年の結果を振り返ると、上半期で700点台に苦しみ一時は700点前半まで落ち込みました。後半は何とか800点台をキープするのが精一杯というところで、TOEICの問題を楽しむ余裕をもなく食らいつくのが必至だったという感じです。テキストにも手を出しすぎた感があるので、もう一度原点に戻り学習の質も量も見直すとして、とにかく今年成長出来なかったことを教訓にして来年度の原動力にしたいと思います。


今回受験した青山IPですが、試験終了後に携帯が壊れるというハプニングがありました。結局、買い換えることにして、Galaxyシリーズに使い慣れていることもあり、Galaxy Note edgeにしてみました。エッジスクリーンの曲面ディスプレイが特徴で見た目の斬新さだけかと思いきや意外と使い心地がよくて満足してます。

で、カメラ機能も試したいこともあり、先日都心で勤務だった際に帰りに中目黒に寄って、クリスマスには終わってしまうという話題の「Nakameguro 青の洞窟」を見てきました。あまりの混雑状況から平日しか点灯しなくなったそうですが、この日もすごい人で写真を撮るだけ撮ってすぐ帰りました。(実際見るのと色が違いますね)
20141218_183058_LLS.jpg
unnamed.jpg
青の洞窟は昔実際に行ったことがありますが入口が小さくて波が高いと入れません。ボートに潜り込んで頭を低くしないと入れず、こんな感じでした。
grotta azzurra
ここをくぐれば一面青の世界で別世界が広がり、それはもう感動するわけですが、TOEICに例えるならまだこの洞窟の手前でもたついている感じかなと。来年こそは何としても目標達成して感動を味わいます!

Copyright © TOEICと山の頂きを目指して. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。